FC2ブログ

♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

立春、「春はあけぼの」、まだ風は冷たいですが、日差しは春ですよね、清少納言さん

「まだまだ寒いですね」と、過ごしていたら、立春 [1] になっていました

立春は、二月四日から十七日ころで、二十四節気 (にじゅうしせっき) の一つ、旧暦では一年の始まりです

春は暦で、「寒さが増さなくなった時期」と定義されたため、春の始まり、立春は、寒さが底を打った時期、ということになります

ですから、これから段々と暖かくは、なるのですが、しばらくは、寒い日が続くのです

「春は名のみの、風の寒さよ・・・」、唱歌「早春賦 (そうしゅんふ)」を口ずさんでしまう、今日この頃、早朝、起きるのが、まだまだつらいですよね

ところが、先人たちは、寒い早朝のなかに、春の兆しを見つけ、楽しんでしまいました


清少納言の「枕草子」に、

原文:
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」

通釈: [2]
春のけしきの中では夜明け方 《がおもしろい》。だんだん白々 (しらじら) と明けてゆく山の外郭 (がいかく) のあたりの空がすこし明るくなって、そこに紫がかった雲が細くたなびいている、《そういうけしきがよい》。

と、書かれています

冒頭部分の書き出し、春の節で、たいへん有名な、清少納言の自然に対する鋭い観察力と、感性が感じられる文章です

学校で習った時は、「そんなもんかなあ」という程度で、感動も何もありませんでした。

しかし、だんだんと歳を重ねて、何度も何度も、春の早朝を見慣れていくうちに、夜が白々と明け始めるころの、空と雲の色、淡い薄紫の良さが次第に分かるようになり、なるほどと思うようになってきたのです

東雲 (しののめ) ですね

夕焼けのように、濃い色ではなく、淡い、何という美しい色でしょうか


アロアロヨシさんは最近、その色の、陶器を見つけました ↓ これです

春はあけぼの_器

銘はそのものずばり、「春はあけぼの」 [3]
兵庫県の陶芸家、森野知子さんの抹茶茶碗、 アロアロヨシさんの好きな、萩焼で表現しています

森野さんは、日本の風景や美しさを取り入れた作品を、数多く作陶しています


というわけで、アロアロヨシさんの♪古文シリーズ、第3弾でした

いやあ、古典文学というは、本当に良いものですね

もっと、古文の時間に、勉強しておけばよかったと思っている、今日この頃の、アロアロヨシさんです

寒い寒いと言っていても、立春となり、少しずつ暖かくなって、春らしくなってきます

暦を見ながら、季節を感じる
日本って、ほんとに、良いですね。

アロアロヨシさんは、あなたを、「日本に生まれて良かったな党」にするために、日夜、ネタを探し続けるのです。

一緒に、日本を楽しみましょう。


脚注:
[1] 立春(りっしゅん)2月4日~17日頃
[2] 「枕草子」浅尾芳之助・野村嗣男 共著 日栄社版
[3] 抹茶茶碗「春はあけぼの」は、14,040円と、ちょっと高めですが、春を感じながらの茶の湯は、格別です
楽天で購入できます→和食器 抹茶碗 銘「春はあけぼの」 作家「森野知子」「木箱付」
アマゾンはこちらから→和食器 抹茶碗 銘「春はあけぼの」 作家「森野知子」「木箱付」

tag : 日本に生まれて良かったな党 アロアロヨシさんの♪古文シリーズ

「高名の木のぼり」は、アロアロヨシさんの、命の恩人です。ありがとう、吉田兼好さん。ありがとう、古文の先生

アロアロヨシさんが、アルバイトで、親父の会社の手伝いをしていた頃のことです。

ガンクリート工事の最終日、すべてかたずけて、終わったのが夕方の遅い時間でした
もう、1泊しないで、帰ってしまおうということになって、車を運転して帰宅する途中のことでした

家が近くなった、真夜中の国道一号線で、疲れと、もうすぐ着くという気のゆるみから、居眠り運転をしてしまいました

夢の中で車を運転し、前方に歩道橋が見えてきたのです
とっさに、荷台の荷物が、歩道橋に引っかかりそうだと判断し、夢の中で、急ブレーキを踏んで、直前で止まりました

止まったとたんに目が覚めて、
気が付くと、左車線に、少々左を向いて、歩道の手前で、ちょうどうまく止まっていました
道路には、対向車も後続車もなく、まったく静まり返っていました

他のエンジニアたちは、疲れから熟睡しており、そんな危険なことが起こったなどど、まったく知りませんでした

疲れもあったのですが、一番の原因は、家の近くの見慣れた道路で、もうすぐ着くという、気のゆるみでした

そして、この時が、最初で最後の居眠り運転でした

なぜかというと、それ以来、運転や仕事で、もうあと少しという時に、高校の授業で習った徒然草の、「高名の木登り」の1節が、必ず浮かんできて、気を付けるようになったのです

古文の授業の先生は、いつも鼻が詰まっており、喋りながらの呼吸が苦しそうで、聞きとりにくい声でした

それでも、一生懸命に講義してくれ、「古文の内容は、将来、みんなが大人になった時に、必ず役に立つときが来ます」と、確信を持った声で、語ってくれました

感謝です

少々長いですが、原文を引用します
【通釈】を参照しながら、味わって、読んでみてください

高名の木登り


【原文】
「高名 (こうみょう) の木のぼりといひし男 (おのこ)、人をおきてて高き木にのぼせて梢 (こずえ) を切らせしに、いとあやふく見えしほどはいふこともなくて、おるる時に、軒 (のき) たけばかりになりて、「あやまちすな、心しておりよ。」とことばをかけはべりしを、「かばかりになりては、飛びおるともおりなむ、いかにかくいふぞ。」と申しはべりしかば、「そのことに候ふ。目くるめき、枝あやふきほどは、おのれがおそれはべれば申さず。あやまちは、やすき所になりて、必ずつかまつることに候ふ。」といふ。あやしき下臈 (げろう) なれども、聖人のいましめにかなへり。鞠 (まり) も、かたき所を蹴出してのち、やすく思えば必ず落つとはべるやらむ。」 [1]

【通釈】 [1]
木登りの名人と評判されていた男が、人を指図 (さしず) して、高い木に登らせて枝を切らせた時に、《高い所にいて》 たいそうあぶなっかしく見えていた間は何も言わないで、おりる時に、軒の高さぐらいの所になってから、「やりそこなうな、用心しておりろよ。」とことばをかけましたので 《わたくしがそばから》「もうこれぐらいの高さになったからには、飛びおりたっておりることができるだろう。どうして 《今ごろになって》 そんなことを言うのか。」と申しました、するとその男は「さあそこでございます。高くて目がくらくらし、枝が折れそうであぶない間は、本人自身が恐れて用心していますから、《わたくしからは》 注意をしてやりません。過失というものは必ず、もう安心だと思う所になってから、しでかすものです。」と答えた。《木登りなんかという》 賤しい身分の低い者ではあるが、《このことばは》 聖人の教訓に一致している。蹴鞠(けまり)の場合も同様で、蹴りにくいところをうまく蹴った後、もう安心だと思うと、必ず蹴りそこなって鞠が落ちるものだと 《その道の人々が》 いっているとかいいます。

仕事でも、趣味でも、もうあと少しで完成という時に、何でもないところで失敗することが、よくありますよね

そんな、もうちょっとという時に、「高名の木登り」と、となえるのです

失敗しなくなりますよ、不思議と


1月30日にアップした、枕草子「冬はつとめて」に続く、古文シリーズ第2弾となりました

人生の指針となり、生活を豊かに、味わい深いものにする、古文を見直しましょう

ということで、「アロアロヨシさんの♪古文シリーズ」でした


脚注:
[1] 「徒然草」 第109段 淺尾芳之助、森 通、野村嗣男 共著 日栄社版


tag : アロアロヨシさんの♪古文シリーズ

冬はつとめて(冬は早朝)が良いという、枕草子。いよいよ、大寒となりましたね、清少納言さん

寒い寒いと、過ごしていたら、大寒(だいかん)になっていました

大寒は、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、一年で一番寒い日ということですね

でも、まだまだ、2月も寒い日が続きます

こんな季節は、早朝、起きるのが、とてもつらいですね

ところが、先人たちは、寒い冬のなかに、趣きのある面白さを見つけ、楽しんでしまいました

枕草子_冬


清少納言の「枕草子」には、

原文:
「冬はつとめて、雪の降りたるはいうべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし」

通釈: [1]
冬は早朝《がおもしろい》。雪の降っている《朝のおもしろいこと》はいうまでもなく、霜がたいそう白い《朝》、また雪や霜がなくてもたいそう寒い朝に、火などを急いでおこして、炭火を持って《御殿の廊下などを》運んでいく情景も《寒い朝として》たいそうふさわしい。《ところが》昼になって寒さもゆるんでなま暖かくなっていくと、丸火鉢 [2] の火も、《かまう人がなくなって》白い灰の方が多くなって感心しない。

と、書かれています

「春はあけぼの」で始まる、「枕草子」の冒頭部分の、冬の節で、清少納言の、鋭い感性が感じられる文章です

学校で習った時は、とんでもない話だと思いました

「寒い冬の朝、早く起きるのが面白いだって?!、なんて、へそ曲がりなんだろう」としか、思えませんでした

しかし、だんだんと歳を重ねていくうちに、次第にその良さが分かるようになり、なるほどと思うようになってきたのです


とてもとても、凡人の及ぶところではないのですが、寒い早朝に起きるときに、「冬はつとめて」の1節が、浮かんできて、それを掛け声代わりにして、仕事に行くのが、アロアロヨシさんの、越冬のノウハウとなっております


というわけで、アロアロヨシさんの♪古文シリーズ、第一弾です

もっと、古文の時間に、勉強しておけばよかったと思っている、今日この頃の、アロアロヨシさんです

寒い寒いと言っていても、寒い季節は半分終わって、もうすぐ、春ですね
暦を見ながら、季節を感じる。

日本って、ほんとに、良いですね。

♪というわけで、

アロアロヨシさんは、あなたを、「日本に生まれて良かったな党」にするために、日夜、ネタを探し続けるのです。

一緒に、日本を楽しみましょう。


脚注:
[1] 「枕草子」浅尾芳之助・野村嗣男 共著 日栄社版
[2] 火鉢
ものは、これです ⇒

炭火で火を起こす、火鉢を知らない世代の方に、ご説明いたします

むかしむかし、ストーブの無い時代に、これで部屋を暖めて、五徳(写真右の、輪に足のついたもの)に金網をのせて、餅やスルメを焼いて、食べながら、みんなで手を暖め、談笑した、とても便利で、趣きのある道具なのです

なんだか、欲しくなったという人は、今でも、売っていますよ、ここから購入できます → 信楽焼 生子 火鉢型 灰皿 セット (灰*五徳付) 6095-05

tag : 年中行事 枕草子 日本に生まれて良かったな党 アロアロヨシさんの♪古文シリーズ

| ホーム |


 ホーム