♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログにようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

もしかしたら、二度と会えないかもしれないという覚悟、「一期一会」

最近、一期一会(いちごいちえ)という言葉を、よく耳にします

音楽にも、同名の曲が出てきます
ただ、何かかっこいい、耳ざわりが良いという理由だけで、使っている感もあります

ここで、しっかりと、本当の意味を、探ってみたいと思います

一期一会は、千利休の言葉です

千利休 (2)


利休は、茶道の究極の心得を、茶道宗家の家訓として、この一語に託しました

利休には著書がなく、相伝の言葉として、弟子たちに説いたのです

弟子の山上宗二(やまのうえそうじ)は、

「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬 ( うやま ) ヒ畏 ( かしこまる ) ベシ」

という一文を、著書「茶湯者覚悟十躰(ちゃのゆしゃかくごじってい)」に、利休の言葉として残しています


一期は、人が生まれてから死ぬまで、つまり、一生を意味します

もう二度と会えないかもしれない、一生に一度の出会いを、大切にしなくてはいけないという教えです

また、これから何度も会える人でも、次に会うときは、その人も変わり、自分が変わり、周りの様々なものが変わり、二度と同じ出会いは無いのです


日本人の心の根底に、「すべてのものは変化し、同じところにとどまることは無い」という、無常観があります

平家物語の冒頭部分は、それを見事に表現して、秀逸です

平家物語・祇園精舎_convert_20160419100025

「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。」

(ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり。しゃらそうじゅのはなのいろ、じょうしゃひっすいのことわりをあらわす。おごれるひともひさしからず、ただはるのよのゆめのごとし。たけきものもついにはほろびぬ、ひとえにかぜのまえのちりにおなじ)

すべてのものは、移ろい変わっていく、春の夜の夢のように、風の前の塵のように


気まずく分かれて、次に会ったら謝ろうと思っている人が、その後、合わないうちに死んでしまったら、悔やんでも悔やみきれません

いつも会っている、親や兄弟、夫や妻、友人知人、子や孫、年中いるからと、いい加減な対応をしていませんか

例えば、その人たちが亡くなって、二度と会えないようになってみると、「ああ、あの時に、もっとこうしておけば良かった」と、思ったりしませんか

特に、母親に対して、うるさいからと、いい加減な対応をして、亡くなってから、後悔していませんか

アロアロヨシさんは、時々思い出して、胸を痛めることがあります


また、同じような言葉に、「一回性(いっかいせい)」というのがあります

「同じことは、二度と起こらない、一度起こったら、元に戻せない」という意味です

ある人と、ある場所で、たいへん楽しい時間を過ごして、もう一度、同じ体験をしたいと思って、その人と、その場所で、同じことをしても、まったく楽しくなかった、という経験はありませんか

あらゆる事象は、どんどん変化していきます
人も、変わっていきます
成長する人、衰えていく人

毎日毎日、同じことを繰り返しているつもりでも、同じではないのです


2020年のオリンピック、東京招致が決まりました。

その時に、「おもてなし」という言葉が、たいへん重要な役割を果たしました

日本人の心に流れている、一期一会の精神に根差した、「おもてなしの心」で、世界の人々との、素晴らしい一会にしたいですね


「一期一会」、「一回性」、を大切に生きて、悔いの無い歳を、重ねようではありませんか



tag : 家訓

家訓 13. コツコツ稼げ、でっかく稼げ

家訓 13. は「コツコツ稼げ、でっかく稼げ」ですね。

これは、かく言うアロアロヨシさんが、これまで実践してきた、お金を稼ぐノウハウです。

まじめに働いて、少ない収入でも継続し、そこそこの人生をおくる人は、たくさんいます。

一方、でっかい山を当てようと、いつもいつもそればかりを狙って、女房に逃げられた人も少なくありません。

地道のお金儲けは、あまり面白くありませんが、間違いない方法です。
でっかい山を当てるお金儲けは、スリリングで、エキサイティングですが、駄目なときは悲惨です。

アロアロヨシさんは、結構まじめで、コツコツ稼ぐのが好きですが、それと平行して、でっかい山を張りながら、楽しんでいます。

一例は、今の自宅を購入する資金を、コツコツと貯金をして貯めると同時に、宝くじを買って当たったら、会社を辞めて、家を買おうと考えていました。

結果的には、コツコツ貯めた方で、購入する結果となりました。

アロアロヨシさんの家訓は13まででした。

またいつか、追加をしたいと思いますが、ひとまずこれで終わります。

tag : 家訓

家訓 12. 窮鳥懐に入れば、猟師もこれを殺さず

家訓 12. は「窮鳥懐に入れば、猟師もこれを殺さず」です。

これは、アロアロヨシさんの父が、口癖のように言っていた言葉です。

父はお人好しと言われるくらい、人情味が厚く、一端自分の懐にはいると、とことん信用し、可愛がる癖がありました。

そのため、だまされることも多く、そのたびに母に小言を言われていました。

そんな時に親父はいつも、「窮鳥懐に入れば、猟師もこれを殺さず」と言っていました。

その当時、アロアロヨシさんも子供心に、母と同じように、親父をお人好しと思っていました。

後年、その頃の親父の歳になってきたときに、親父の暖かさとかが、分るようになりました。お袋も口とは違い、実はそんな親父が好きだったんだなということも。

アロアロヨシさんは末っ子で、その良さが分るようになった頃には、もう親父は居ませんでした。

tag : 家訓

家訓 11. 知識は武器

家訓 11. は「知識は武器」でした。

これは、もう既に他界した、アロアロヨシさんの兄、五人兄弟の三男坊が、よく言っていました。

三男坊は繁明さんと言って、結構、短気で怒りっぽい性格でした。

「人生、意気に感ず」的なところがあって、スパッと竹を割ったような性格で、年齢も近いこともあり、アロアロヨシさんといつも一緒の兄貴でした。

中学時代は、勉強があまり好きではなく、上の兄と姉の3人が入った高校に、とても入れる学力ではなかったのですが、入試が近くなると、猛烈に勉強し、合格してしまいました。

その後、高校でもあまり勉強をしなかったのですが、受験直前にスパートし、ついに現役で明治大学へ入ってしまいました。

そんな繁明さんが、アロアロヨシさんによく、「知識は武器」だと言ってました。

「知識」と「武器」、それぞれの言葉の意味は、分っていましたが、何故その2つが結びつくのか、子供のアロアロヨシさんには、ピンと来ませんでした。

学校を卒業し、社会人になった頃、結びつけた意味が、少しずつ分るようになってきました。

ビジネスマンも3年くらい経ってから、すごい言葉だなあと、しみじみと感じました。

tag : 家訓

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ