FC2ブログ

♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

日本人の美しき礼節と、不変の愛、『蜩ノ記』が封切られました

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の2番目は
『蜩ノ記』 (ひぐらしのき)です

***************************************************

時代劇は最近、年配の方向けの 『雨あがる』 などの渋い本格的なものから、若者向けの 『るろうに剣心』 などの娯楽作品まで、かなり充実し、人気が高まっています

そんな中、葉室 麟(はむろりん)の直木賞受賞作品 『蜩ノ記』 が、黒澤明監督の愛弟子・小泉 堯史(たかし)監督、黒沢組のスタッフにより、本格的な正統派時代劇となって、封切られた

蜩ノ記


物語は、豊後の国(現在の大分県)、羽根(うね)藩

岡田 准一扮する檀野庄三郎(だんのしょうざぶろう)は、些細な争いから、親友の青木崇高(むねたか)扮する信吾と、刃傷沙汰を起こしたが、幽閉中の元郡奉行、役所広司扮する戸田秋谷(とだしゅうこく)の監視役を命ぜられ、切腹を免れた

戸田秋谷は7年前、寺島しのぶ扮する藩主の側室・お由の方(後・松吟尼)と不義密通し、目撃した小姓を切り捨てた罪で、切腹を命じられた

切腹の期限は、その日より10年後とし、それまでに、編纂途中であった羽根藩家譜を、完成することを命じられた

期限を3年後に控えたある日、庄三郎は、秋谷一家が暮らす、向山村(むかいやまむら)へ入る

原作はここから始まるが、映画のオープニングは豪雨
城内の御用部屋で、庄三郎と信吾の格闘シーンから始まり、観客をぐいぐいと、物語の中へ引き込んでいく

小泉監督の本領発揮と言えよう

家譜編纂の過程で、秋谷は、藩の重大な秘密を握っていた

秋谷と、原田美枝子扮する、妻・織江のほのぼのとした夫婦愛、家族愛
庄三郎と、堀北真希扮する、秋谷の娘・薫との初々しい恋
人間同士の崇高な絆

日本人の美しい礼節、移ろいゆく四季折々の風景の中、美しくも切迫したシーンが展開し、庄三郎が抱いた疑惑、秋谷の備忘録 「蜩ノ記」 を交えながら、物語がミステリー風に、進行していく



アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン

作品すべての中に、名シーンが数多く登場するが、たった1つ上げるとすればここでしょう

ラストの切腹の日、秋谷と織江、借景の山々が重なる庭を眺めながら、

秋谷「きょうも暑くなりそうだな」
織江「さようでございますね」

原作は、このままの会話だが、映画では二人の間に、蜩の鳴き声が入り

蜩ノ記_ラスト

秋谷「きょうも暑くなりそうだな」
カナカナカナカナカナカナカナカナ・・・・・・
織江「さようでございますね」

となる
小泉監督の豊かな感性を感じさせる、名シーンと言えよう

原作は2012年第146回直木賞選考会で、満場一致で選ばれた、葉室麟 「蜩ノ記」 [1] 。浅田次郎に絶賛された。
『雨あがる』 『博士の愛した数式』 の:小泉堯史が脚本・監督

ワクワクのストーリー展開と、全てが凝結したラストシーンは、ぜひ、映画館でご覧ください

原作:葉室麟 「蜩ノ記」(祥伝社刊)
→文庫本はこちら
アマゾン 蜩ノ記 (祥伝社文庫)
楽_____天 蜩ノ記 (祥伝社文庫)
→単行本はこちら
楽_____天 蜩ノ記 (祥伝社単行本)
→オリジナルサウンドトラックはこちら
アマゾン 【CD】蜩ノ記 オリジナル・サウンドトラック
楽_____天 【CD】蜩ノ記 オリジナル・サウンドトラック
→キネマ旬報はこちら
アマゾン キネマ旬報SPECIAL 秋の増刊号 【表紙】 映画「蜩ノ記」
楽_____天 キネマ旬報SPECIAL 秋の増刊号 【表紙】 映画「蜩ノ記」

主演:役所広司、岡田准一
監督:小泉堯史
脚本:小泉堯史、古田求
音楽:加古隆
撮影:上田正治、北澤弘之

脚注:
[1] 蜩ノ記 - Wikipedia

『蜩の記』公式サイトは、こちらから ↓
http://www.higurashinoki.jp/index.html


tag : 封切り映画

映画「超高速!参勤交代」、天下無敵の江戸幕府 VS弱小貧乏藩たったの七人

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の1番目は
『超高速!参勤交代』 (ちょうこうそく!さんきんこうたい)です

***************************************************


いやあ、楽しかったですね。

今日、封切りの、『超高速!参勤交代』 を見てきました
久しぶりに時代劇の面白さを、堪能

黒澤明の、『七人の侍』 を初めて見た時以来の、興奮を覚えました

まず、30秒の予告編をご覧ください


このミッション、インポッシブルです!

超高速!参勤交代4
カネも無い、人もいない、弱小藩が、江戸幕府から無理難題を突き付けられ、たったの7人で、江戸を目指し奮闘する、時代劇コメディ



江戸期、第8代将軍、徳川吉宗の治世

佐々木蔵之介
実存した 磐城国(現在のいわき市)、1万5000石の湯長谷(ゆながや)藩 [1] 、
佐々木蔵之介扮する、湯長谷藩主・内藤政醇(まさあつ)は、幕府から、


通常なら8日間を要するところを、わずか4日間で参勤交代せよと命じられる


西村雅彦




西村雅彦扮する、知恵者の家老・相馬兼嗣(かねつぐ)とともに、

ミッション インポッシブルを可能にする、奇想天外な作戦を練り、実行に移す

松平信祝



湯長谷藩を取り潰し、湯長谷の金山を狙う、陣内孝則扮する、幕府老中・松平信祝(のぶとき)は、

それを阻止せんと伊賀・甲賀忍者集団を放つ



「超高速!参勤交代」の、ここが見どころ
お咲
深田恭子が熱演している

最初に、飯盛り女・お咲で出てきたときは、深田恭子だとは気付かなかったのです。


このような汚れ役を、演技できるようになったのには、驚きました


深田恭子佐々木蔵之介
最後の、武家のお嬢様の衣装は、深田恭子らしく、凛としてよく似合い、役者としての、幅の広さを感じさせた



後半から、深田恭子扮する、お咲が絡んで、物語がダイナミックに、展開していく



伊原剛志



伊原剛志扮する、いわくありげな一匹狼、戸隠流 [2]、抜け忍の雲隠段蔵(くもがくれだんぞう)

ショートカットの山道案内人として、物語の重要部分を占め、奇想天外に盛り上げる



六角精児



『相棒シリーズ鑑識・米沢守の事件簿』 を主演し、アロアロヨシさんの好きな俳優、六角精児 [3] が

槍の名手、料理の達人、メタボの今村清右衛門を、好演し、物語に暖かさを添えている


脚本は土橋章宏 [4] 、『ゲゲゲの鬼太郎』 『釣りバカ日誌』 の本木克英監督 [5] がメガホンを執った

みんなで笑えて、スリル満点、ラストで胸が熱くなる、『超高速!参勤交代』。
最高にホットな時代劇、久々に誕生!


ワクワクのストーリー展開と、水戸黄門真っ青の結末は、ぜひ、映画館でご覧ください。[6]

主演:佐々木蔵之介、深田恭子
監督:本木克英
脚本:土橋章宏
音楽:周防義和
撮影:江原祥二

脚注
[1] 湯長谷藩 - Wikipedia
[2] 戸隠流 - Wikipeia
[3] 六角精児 - Wikipedia
* * * 主演のDVDはこちらで→「相棒シリーズ鑑識・米沢守の事件簿」
[4] 土橋章宏:2011年第37回「城戸賞」入賞
* * * 原作本はこちら→『超高速!参勤交代』
[5] 本木克英 - Wikipedia
[6] 映画パンフレットはこちら→『超高速!参勤交代』

『超高速!参勤交代』公式サイトは、こちらから ↓
http://www.cho-sankin.jp/

tag : 封切り映画 深田恭子

「いやあ、映画って本当に面白いものですね~」、「アロアロヨシさんの♪映画ブログ」始めました

アロアロヨシさんは、水野晴郎の人気のセリフ、「いやあ、映画って本当にいいものですね~」を、1974年4月3日、水曜ロードショウ「シェーン」の最後で、初めて聞きました [1]

水野晴郎


当時の日記には、その時の衝撃が書かれており、小さいころから映画好きだったアロアロヨシさんは、それからますます映画にのめり込み、ついに「アロアロヨシさんの♪映画ブログ」を始めることになりました

そんな、アロアロヨシさんの小学生の頃は、兄貴らと一緒に、実家の近くの映画館によく行きました

最初の頃に見た映画で、印象に残っているのは、何と言っても「笛吹童子」でしょうね

笛吹童子


1953年にラジオで放送されていたものを、1954年4月、東千代乃介、中村錦之助主演で映画化 [2]

「ヒャラーリ ヒャラリコ♪」と歌いだす曲にのって、始まる全三部作は、子供のころのアロアロヨシさんを、ワクワクさせたものです

その後、チャップリン、森繁の「三等重役」、「ゴジラ」、「大魔神」、「宇宙大戦争」、カーク・ダグラスの「海底二万マイル」「スパルタカス」、「史上最大の作戦」、黒澤明の「七人の侍」「用心棒」「椿三十郎」・・・・・

チョット考えただけでも、どんどん、溢れんばかりに思い出してきて、切りがありません

10才の時に初めて見た、ヘンリー・フォンダと、オードリー・ヘップバーンの「戦争と平和」は、大学の時に2回目を見て、50才代で3回目を見ましたが、それぞれ感動する場所が、異なっていました

10才の時は、大掛かりな戦争シーンに感動し、大学生のころは、オードリーのラブストーリーに、50才代では、祖国愛に感動したものです

高校時代は、さすがに、受験を控えていたので、少なくなりましたが、それでも、「ベン・ハー」、クレージー・キャッツの「日本無責任時代」、「座頭市物語」、「アラビアのロレンス」、「ナバロンの要塞」、などを、家族や友人と見に行きました

大学時代も、明大前駅の改札を出ると、右が学校、左が早朝学生割引の映画館でしたが、どうも左に曲がってしまう誘惑に、勝てませんでした

古い映画を、3本だての割安料金で上映しており、何を見たか、はっきりとした記憶が無いのですが、たいへん楽しかったのは覚えています

しかし、何と言っても、アロアロヨシさんのお気に入りで、録画して何度も見ているのは、洋画では、「翼よあれが巴里の灯だ」、邦画では、「肉弾」ですね

「翼よあれが巴里の灯だ」は、飛行機と冒険好きな、アロアロヨシさんにピッタリの映画

「肉弾」は、岡本喜八が、戦争と青春を描いた傑作で、大谷直子のヌードシーンが鮮烈でした


そんな、アロアロヨシさんの♪映画ブログを始めます。

封切り映画」編
懐かしの映画」編

に分けて、アップしていきます。どうぞご期待ください。



脚注
[1] 水野晴郎 - Wikipedia
[2] 笛吹童子 - Wikipedia


tag : 封切り映画 懐かしの映画

| ホーム |


前のページ «  ホーム