♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログにようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

H2A型ロケットが、「はやぶさ2」を、予定軌道に切り放すことに、成功


H2A型ロケットが、小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載し、12月3日午後1時22分4秒、鹿児島県「種子島宇宙センター」から、打ち上げられた

はやぶさ2

はやぶさ2」は、小惑星「1999 JU3」を目指し、アロアロヨシさんの子供のころには、夢のエンジンと言われた、イオンエンジンで、総航行距離、約52億キロを旅し、2020年に帰還する、

壮大な、宇宙旅行に、旅立った

H2A型ロケットは、同日午後3時9分、「はやぶさ2」を予定の軌道に切り放し、その役目を終えた

この「はやぶさ2」を、宇宙空間に押し上げた、H2A型ロケットは、日本の国産で、1955年、「日本の宇宙開発・ロケット開発の父」と呼ばれた、糸川英夫(1912-1999)のペンシルロケットから、開発がスタートしました

それより30年ほど前、1926年、アメリカのロバート・ハッチングズ・ゴダード(1882-1945)により、世界で初めて、本格的なロケットが登場しました

彼は、「ロケットの父」と呼ばれ、液体燃料を用いたロケットを開発し、ロケット工学の草創期に貢献しました

子供の頃、H・G・ウェルズのSF古典『宇宙戦争』の本を読んで、興味を持ち、ロケット工学の道を、歩んだのです

ゴダードと、彼が開発した液体燃料ロケット ↓
ゴダード


その後、ロケットは実用化され、悲しいかな、第二次世界大戦が、最初の舞台となるのです

これが、ロンドン市民を恐怖のどん底に叩き込んだ、ドイツの報復兵器、「V2」です ↓

300px-Fusée_V2

超音速で、何の前触れもなく、飛来し、仰撃不可能なため、ロンドン市街地他に、甚大な被害を与えた

V2は、ドイツの、ヴァルター・ロベルト・ドルンベルガー(1895-1980)、ヴェルナー・フォン・ブラウン(1912-1977)らによって、開発されました

戦後、この二人は、未発射のV2と共に、アメリカに渡り、ロケットの開発に協力、その後の、月着陸へと、つながって行くのです

一方、ソ連も、V2と技術者を、連れ帰り、世界初の人工衛星スプートニク、有人宇宙飛行を実現しました

ガガーリンの、「地球は、青かった」の名セリフとともに、ソ連は、ロケット開発を、一歩リードしたのです

その後、アメリカとソ連の、抜きつ抜かれつの、ロケット開発競争はすさまじく、国の威信をかけて行われました


ドイツのルーツとは別に、独自の進化を遂げた、日本のロケット開発は、糸川英夫のペンシルロケットから、始まります

これです ↓ 太いボールペンに、羽を付けただけ? (ごめんなさい)

ペンシルロケット

ロケットの理論を、1からの実験より確かめ、積み上げ、やがて、世界に誇る、日本のロケット技術へと、つながっていくのです

糸川教授は、このちっちゃなペンシルロケットを、大型ロケットを打ち上げる時と同じように、大真面目でカウントダウンし、打ち上げたというエピソードが残っています


アロアロヨシさんは、子供のころ、科学が好きで、ファーブルや糸川英夫が、あこがれでした

ゴダードは、H・G・ウェルズのSF古典『宇宙戦争』の本でしたが、アロアロヨシさんは、この映画版を見て、宇宙への夢を持ち始めました

田舎の物置小屋を、自分専用にして、「ゴッホ研究所」と表札を掲げ、生き物を飼って、観察したり、模型飛行機を作ったりして、将来は科学者になろうと、夢を見ていました

本当は、「ゴッホ」ではなく、「コッホ研究所」が正しいと、大人になってから、知りましたけど

そのころ、模型店で、タイガーの固体燃料ロケットエンジン「ロケッティ」というのを売っていました

当時、400円だったと思います

これが、「ロケッティ」 右が本体、左が固体燃料です ↓
ロケッティ

「ロケッティ」は、固体燃料を装填し、導線に火をつけ、固体燃料が燃え出したら、導線の燃えカスを引き抜くと、発射となります

最初、太さ6mm角、長さ30cmくらいの角材の先端に、ロケッティを取り付けました
ガラスのビンを、半分くらい地中に埋めて固定し、発射台としました

そこに、ロケットを差し込んで、点火!

白煙を吐きながら、放物線を描いて、20mほど先まで、飛行しました

本物のように、シューっと音を立て、白煙を吐きながら飛んでいくロケットに、アロアロヨシさんの姉「マーちゃん」の名前をもじって、「マーチン」と命名しました

「マーチン」の成功に、気を良くしたアロアロヨシさんは、次に、ロケットらしい形をした「ミックン」の製作に取り掛かりました

これはアロアロヨシさんの、甥の名前「みっくん」をそのまま使ったもので、バルサ材をロケット型に組み立て、4枚のフィンを取り付け、自立型にしました

当時の写真が無いので、お見せできませんが、アロアロヨシさんは、これがかなり自慢で、友達を呼んで、発射実験をしました

結果は、完全な失敗で、「ミックン」は、ロケットの噴射が最大になり、飛び上がる直前に、パタンと倒れてしまいました

発射台などを、いろいろ工夫したのですが、ダメで、結果、総重量に対して、ロケットの発進時の推力が足りないことが判りました

残念ながら、ここで、アロアロヨシさんの壮大な(?)宇宙飛行の夢は、挫折してしまいました


はやぶさ2」が帰還するのが、2020年、東京オリンピックの年ですね

健康に気を付けて、頑張って、あと6年、首を長くして、待ちましょう


参考DVDはこちら

2003年に打ち上げられ、数々のアクシデントを乗り越え、2010年に帰還。地球重力圏外にある天体の、固体表面に着陸してのサンプルリターンに、世界で初めて成功した「はやぶさ」

感動の映画『はやぶさ/HAYABUSA』のDVDは、こちらから購入できます
はやぶさ/HAYABUSA [DVD]


『ロケットの父』ゴダードが、原作で読んで、ロケット工学の道を歩み始めたといわれる、H・G・ウェルズのSF古典『宇宙戦争』を映画化した
製作:『地球最後の日』のジョージ・パル、監督:バイロン・ハスキン、主演:ジーン・バリー

映画『宇宙戦争』のDVDは、こちらから購入できます
宇宙戦争 CCP-156 [DVD]


スティーブン・スピルバーグによる『宇宙戦争』のリメイク版も、最近、公開されました

アロアロヨシさんは、旧作品のほうが面白いと思いますが、見てみたい方は、DVDを、こちらから購入できます
宇宙戦争 [DVD]


tag : ロケット はやぶさ

マッサンが初めて作った、日本のウィスキーが、とうとう、世界一になりました

朝ドラ見てますか?NHK連続テレビ小説「マッサン」 [1] のことですよ
アロアロヨシさんも、見てます

マッサン

スコットランドで、ウイスキー作りを学んだ、マッサンのモデルとなった、竹鶴政孝(たけつる まさたか) [2] は、1929年に日本初の本格ウイスキーを送り出しました

そのため、竹鶴政孝は、日本のウィスキー作りの父と呼ばれています

ドラマ「マッサン」は、その竹鶴政孝と、スコットランド人の妻リタとの生活をモデルにして、NHKで9月から放送されています


2014年11月4日、イギリスの新聞「テレグラフ」 [3] のオンライン版が、以下のように報じました

「シングルモルトウイスキー山崎シェリーカスク2013」が、2015年のイギリス「ワールド・ウイスキー・バイブル」で、1位のタイトルを受賞

著者のジム・マーリー氏は、ウイスキーの専門家で、100点満点中で歴代タイの、97.5点を与えた

そのコメントは、「ほとんど言葉にできないほど天才的」、「優雅で大胆な香り、軽やかでスパイシーな味」と称賛

山崎_convert_20141107154606


85年の時を経て、日本のウィスキーが、スコッチの本場で、世界一に認められたのです

マッサンとエリーが聞いたら、どんな喜び方をするでしょう


日本人のモノ作りの優秀さは、いたるところで証明されており、「日本に生まれて良かったな党」の、アロアロヨシさんとしては、たいへんうれしいことなのです

日本には、もともと、優れた日本酒や焼酎の醸造技術があり、その技術基盤で、世界一のウィスキーを作ったのです

その他にも、日本には昔から、数多くの業界で、しっかりとした技術基盤があり、いろいろな方面で世界レベルを達成しています

アロアロヨシさんが、小学生のころ、教えられました

日本は資源の少ない国で、外国から資源を輸入して、工業製品を作って、輸出するということを

やはり日本は、技術立国として、理工系の人材を大切に育て、モノ作りをおろそかにしてはいけない、ということでしょう


アロアロヨシさんも、一度は世界一のウィスキーを、飲んでみたいと思って、探したのですが、残念ながら、2013年物は、現在の時点で、売り切れとなっておりました。再入荷メールを申し込んで待つか、2012年物か、または、その他のモルトを、お試しください ↓
サントリー・シングルモルト・ウイスキー 山崎シェリーカスク [2013] 700ml

脚注:
[1] NHK連続テレビ小説「マッサン」
[2] 竹鶴政孝 - Wikipedia
[3] イギリスの新聞「テレグラフ」 - Wikipedia


tag : 日本に生まれて良かったな党 工業立国日本

懐かしい、スバル360、日本の自動車産業の先駆けとなりました

アロアロヨシさんは、16才の時に車の免許を取りました。

当時は、軽免許というのがあり、軽自動車は16才から乗れたのです。

高校1年生の時、誕生日が来るとすぐに、免許を取りました。

家にあった、マツダのキャロル [1] を運転し、友達や先生や、彼女までも乗せて、高校生活を楽しんだものです。

最高出力18ps/6,800rpm、最大トルク2.1kg・m/5,000rpm、水冷 4ストローク 直列4気筒 OHVのアルミシリンダーエンジンをリアに横置き搭載し、後輪を駆動する、RR(リアエンジン・リアドライブ)車

リアウィンドウは、ガラスを垂直に立てた「クリフカット」型。これにより、後席のヘッドクリアランスを稼いでいました

1962年発売。

基本を、頑固なまでに守り、しかも当時の先進技術を随所に取り入れた、マツダならではの、しっかりとした作りでした

この車です ↓
キャロル2

後席のヘッドクリアランスが十分で、大人4人が快適にドライブできる車内に、みんなを乗せて、アロアロヨシさんの自慢の車でした

ただし、車重に比して、エンジンの低速域が弱く、回転数を上げて加速するため、決して軽快とは言い難い、ドライブフィーリングでした


その頃、売れ行きで首位の座にあったのは、キャロルではなく、スバル360 [2] でした

キャロルをさかのぼること4年前の、1958年3月3日に発売され、卵型のモノコックボディで、フォルクスワーゲンがカブトムシと呼ばれましたが、スバル360はてんとう虫と呼ばれ、とてもカッコよく、たいへんな人気でした

公式プレス発表は、丸の内の富士重工本社で、実車もなく、カタログのみで、つつましやかに始まりました
実車を報道陣から要求され、急遽、工場から取り寄せたというエピソードも残っています

初代、日本のマイカーと呼ばれ、戦後日本の工業史に燦然と輝く、名車となりました

ちなみに、1号車は、かの松下幸之助が購入しました

これです! ↓
スバル360


スバルは、ゼロ戦を製作した、中島飛行機が前身で、その製作技術と誇りが、いたるところに光っています

10インチタイヤ、トーションバースプリング、ネジなど、部品の1つ1つを、丁寧に吟味し、独自に設計・製作して、開発していきました。

最高出力16ps/4500rpm、最大トルク3.0kg・m/3000rpm、強制空冷2ストローク直列2気筒自然吸気、356ccエンジンをリアに置き、プロペラシャフトを排した、リアドライブとし、空車時で最高時速80km/hを実現しました

室内は、ゼロ戦製作を活かした、無駄を省いた設計で、小さい割には、4人乗りのスペースが、しっかりと確保されていました

この4人乗りは、量産型軽自動車としては、世界初となり、日本のお家芸、コンパクト技術が、始動した最初の量産品となったのです

敗戦国日本の技術者が、その誇りと技術者魂を、ぶつけ、心血を注いだ一品でした

1958年から1970年まで12年間の間に、約39万2,000台が生産され、日本の自動車産業躍進の先駆けとなりました

ここから日本の車産業は、欧米に追いつき、追い越して、工業立国日本は爆発的な成長を遂げるのです


キャロルは、アロアロヨシさんの青春の1ページでした
でも、本当は、てんとう虫に乗りたかったのです


脚注
[1] マツダ・キャロル - Wikipedia
[2] スバル360 - Wikipedia


tag : 工業立国日本

ホンダ スーパーカブ、工業立国日本の、快進撃スタート

アロアロヨシさんが中学生の頃、ホンダの50CCバイク、スーパーカブが発売され、その後、約8500万台を出荷し、世界的ヒットとなりました

技術屋社長、本田宗一郎の、飽くなきこだわりと、日本人のモノ作りに対する情熱が、素晴らしい製品を産み出したのです

1958年、ホンダ スーパーカブの発表会は、現在からみれば、本当につつましやかなものでしたが、日本の工業製品が、世界のひのき舞台に、初めて登場した瞬間でした

ここから、日本の工業力が爆発し、工業立国日本の快進撃が始まるのです!

スーパーカブ

ノークラッチの変速ギア付。運転のしやすさと、スッキリしたスタイリング、細部にまでこだわった、日本人のモノ作りが、爆発的なヒットの要因となりました


発売開始より50年以上経っても、当初の設計を引き継ぎ、しかも、世界各地で現役の人気車種となっています

途上国では、一家全員がいっぺんに乗って(何人乗り?)、アフリカの奥地でも、数リッターのガソリンがあれば、1日中乗り回すことが出来て、故障しないスーパーカブは、大人気となりました


当時は、12才になってから、写真と住民票を警察に持って行けば、許可証をくれました。

かくいう、アロアロヨシさんも、12才になったらすぐに、第一種原動機付自転車許可証を、取得しました。



ちなみに、アロアロヨシさんが中学生の時に乗っていたバイクは、宮田工業のミヤペットでした。

miyapet1959.jpg


ガッチリとしたスタイリングの、バイクらしいバイクでした

クラッチが付いており、そこが本格的な感じがして、結構、気に入ってました

でも、本当は、ホンダのスーパーカブに、乗りたかったのです


ホンダのスーパーカブは、ネットでも検討できます
アマゾンで見てみる→バイクセンターアマゾン店

楽天市場で見てみる→バイクセンター楽天市場店




tag : 工業立国日本

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ