♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログにようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

冬はつとめて(冬は早朝)が良いという、枕草子。いよいよ、大寒となりましたね、清少納言さん

寒い寒いと、過ごしていたら、大寒(だいかん)になっていました

大寒は、二十四節気(にじゅうしせっき)の一つで、一年で一番寒い日ということですね

でも、まだまだ、2月も寒い日が続きます

こんな季節は、早朝、起きるのが、とてもつらいですね

ところが、先人たちは、寒い冬のなかに、趣きのある面白さを見つけ、楽しんでしまいました

枕草子_冬


清少納言の「枕草子」には、

原文:
「冬はつとめて、雪の降りたるはいうべきにもあらず、霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、火などいそぎおこして、炭もてわたるもいとつきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりてわろし」

通釈: [1]
冬は早朝《がおもしろい》。雪の降っている《朝のおもしろいこと》はいうまでもなく、霜がたいそう白い《朝》、また雪や霜がなくてもたいそう寒い朝に、火などを急いでおこして、炭火を持って《御殿の廊下などを》運んでいく情景も《寒い朝として》たいそうふさわしい。《ところが》昼になって寒さもゆるんでなま暖かくなっていくと、丸火鉢 [2] の火も、《かまう人がなくなって》白い灰の方が多くなって感心しない。

と、書かれています

「春はあけぼの」で始まる、「枕草子」の冒頭部分の、冬の節で、清少納言の、鋭い感性が感じられる文章です

学校で習った時は、とんでもない話だと思いました

「寒い冬の朝、早く起きるのが面白いだって?!、なんて、へそ曲がりなんだろう」としか、思えませんでした

しかし、だんだんと歳を重ねていくうちに、次第にその良さが分かるようになり、なるほどと思うようになってきたのです


とてもとても、凡人の及ぶところではないのですが、寒い早朝に起きるときに、「冬はつとめて」の1節が、浮かんできて、それを掛け声代わりにして、仕事に行くのが、アロアロヨシさんの、越冬のノウハウとなっております


というわけで、アロアロヨシさんの♪古文シリーズ、第一弾です

もっと、古文の時間に、勉強しておけばよかったと思っている、今日この頃の、アロアロヨシさんです

寒い寒いと言っていても、寒い季節は半分終わって、もうすぐ、春ですね
暦を見ながら、季節を感じる。

日本って、ほんとに、良いですね。

♪というわけで、

アロアロヨシさんは、あなたを、「日本に生まれて良かったな党」にするために、日夜、ネタを探し続けるのです。

一緒に、日本を楽しみましょう。


脚注:
[1] 「枕草子」浅尾芳之助・野村嗣男 共著 日栄社版
[2] 火鉢
ものは、これです ⇒

炭火で火を起こす、火鉢を知らない世代の方に、ご説明いたします

むかしむかし、ストーブの無い時代に、これで部屋を暖めて、五徳(写真右の、輪に足のついたもの)に金網をのせて、餅やスルメを焼いて、食べながら、みんなで手を暖め、談笑した、とても便利で、趣きのある道具なのです

なんだか、欲しくなったという人は、今でも、売っていますよ、ここから購入できます → 信楽焼 生子 火鉢型 灰皿 セット (灰*五徳付) 6095-05

tag : 年中行事 枕草子 日本に生まれて良かったな党 アロアロヨシさんの♪古文シリーズ

もしかしたら、二度と会えないかもしれないという覚悟、「一期一会」

最近、一期一会(いちごいちえ)という言葉を、よく耳にします

音楽にも、同名の曲が出てきます
ただ、何かかっこいい、耳ざわりが良いという理由だけで、使っている感もあります

ここで、しっかりと、本当の意味を、探ってみたいと思います

一期一会は、千利休の言葉です

千利休 (2)


利休は、茶道の究極の心得を、茶道宗家の家訓として、この一語に託しました

利休には著書がなく、相伝の言葉として、弟子たちに説いたのです

弟子の山上宗二(やまのうえそうじ)は、

「路地ヘ入ルヨリ出ヅルマデ、一期ニ一度ノ会ノヤウニ、亭主ヲ敬 ( うやま ) ヒ畏 ( かしこまる ) ベシ」

という一文を、著書「茶湯者覚悟十躰(ちゃのゆしゃかくごじってい)」に、利休の言葉として残しています


一期は、人が生まれてから死ぬまで、つまり、一生を意味します

もう二度と会えないかもしれない、一生に一度の出会いを、大切にしなくてはいけないという教えです

また、これから何度も会える人でも、次に会うときは、その人も変わり、自分が変わり、周りの様々なものが変わり、二度と同じ出会いは無いのです


日本人の心の根底に、「すべてのものは変化し、同じところにとどまることは無い」という、無常観があります

平家物語の冒頭部分は、それを見事に表現して、秀逸です

平家物語・祇園精舎_convert_20160419100025

「祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。」

(ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり。しゃらそうじゅのはなのいろ、じょうしゃひっすいのことわりをあらわす。おごれるひともひさしからず、ただはるのよのゆめのごとし。たけきものもついにはほろびぬ、ひとえにかぜのまえのちりにおなじ)

すべてのものは、移ろい変わっていく、春の夜の夢のように、風の前の塵のように


気まずく分かれて、次に会ったら謝ろうと思っている人が、その後、合わないうちに死んでしまったら、悔やんでも悔やみきれません

いつも会っている、親や兄弟、夫や妻、友人知人、子や孫、年中いるからと、いい加減な対応をしていませんか

例えば、その人たちが亡くなって、二度と会えないようになってみると、「ああ、あの時に、もっとこうしておけば良かった」と、思ったりしませんか

特に、母親に対して、うるさいからと、いい加減な対応をして、亡くなってから、後悔していませんか

アロアロヨシさんは、時々思い出して、胸を痛めることがあります


また、同じような言葉に、「一回性(いっかいせい)」というのがあります

「同じことは、二度と起こらない、一度起こったら、元に戻せない」という意味です

ある人と、ある場所で、たいへん楽しい時間を過ごして、もう一度、同じ体験をしたいと思って、その人と、その場所で、同じことをしても、まったく楽しくなかった、という経験はありませんか

あらゆる事象は、どんどん変化していきます
人も、変わっていきます
成長する人、衰えていく人

毎日毎日、同じことを繰り返しているつもりでも、同じではないのです


2020年のオリンピック、東京招致が決まりました。

その時に、「おもてなし」という言葉が、たいへん重要な役割を果たしました

日本人の心に流れている、一期一会の精神に根差した、「おもてなしの心」で、世界の人々との、素晴らしい一会にしたいですね


「一期一会」、「一回性」、を大切に生きて、悔いの無い歳を、重ねようではありませんか



tag : 家訓

元日の朝に頂く、疫病除けの縁起もの、大福茶 (おおぶくちゃ)。マクロビオティックでは、梅醤番茶 (うめしょうばんちゃ) を頂きます

平安朝、村上天皇の御代、京都に疫病が流行したことがありました

その折、空也上人が、梅干しとお茶を振る舞ったところ、疫病が治まり、天皇もこれを召されたとの故事があります

その後、正月の縁起物となり、「大福茶」の名前で、一般化されました

梅干しと昆布を入れた茶碗に、お茶を注ぎ、一年の無病息災を祈念します

大福茶

茶の湯の家元、裏千家では、元旦の朝4時に、京都の三名水と言われる「梅の井」から 汲んだ水で、大福茶を入れ、頂くという習わしが、今でも続いています

午前四時の水は、毒気を去るといって、昔から茶道の家では、この時刻に水を汲んでいます


マクロビオティック [1] では、「梅醤番茶 (うめしょうばんちゃ)」を、頂きます

作り方は、以下の通りです

1) 三年番茶 [2] を、15分ほど煮出して、用意しておきます
2) 湯飲み茶わんに梅干しを入れ、つぶします
3) さらに、醤油少々、しょうが汁少々を入れ、よく練ります
4) 沸かしておいた三年番茶を注ぎ、よく混ぜ、熱いうちに頂きます

陽性の強い、三年番茶を使用するのと、梅干し・醤油・しょうが汁を、よく練ってから、三年番茶を注ぐのが、ポイントとなります

梅干し、醤油、三年番茶により、陽性の強い飲み物となり、しょうがは、体を温めます

血液を浄化して、胃腸病、二日酔い、冷え性、生理痛、夏バテ、風邪、頭痛、貧血、陰性の下痢、便秘、インフルエンザ、糖尿病などに、効能があると言われています

女性は特に、陰性体質の方が多いので、貧血・冷え性など、梅醤番茶は心強い味方となります

即効があるわけではありませんが、じわじわと体質を改善してくれ、風邪をひきにくく、病気になりにくい体にしてくれます

お正月だけではなく、毎朝、起きぬけの一杯で、体が目覚め、健康な一年がおくれます

今年も、健康で、良い年になりますように


日本に生まれて良かったな党」の、アロアロヨシさんでした

脚注:
[1] マクロビオティックは、「アロアロヨシさんの♪健康ブログ」を、参照してください
[2] 三年番茶は、三年熟成させた番茶で、オーサワジャパンのものが、一番信頼性があり、おすすめです

>>> 「オーサワジャパンの三年番茶」を、楽天市場で探す

>>> 「オーサワジャパンの三年番茶」を、アマゾンで探す

>>> 「オーサワジャパンの三年番茶」を、Yahoo!ショッピングで探す

忙しい人は、梅醤番茶の瓶詰や袋詰めもあります
これは、お湯を注ぐだけで、できあがる、たいへん便利なものです

最初、これらで試してみて、良いようなら、本格的に手作りするのが、良いでしょう

これも、オーサワジャパンのものが、おすすめですが、それ以外にもいろいろ出ています

>>> 「梅醤番茶」を、楽天市場で探す

>>> 「梅醤番茶」を、アマゾンで探す

>>> 「梅醤番茶」を、Yahoo!ショッピングで探す


tag : アロアロヨシさんの♪ゆるゆるマクロビオティック 日本に生まれて良かったな党 年中行事

| ホーム |


 ホーム