♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログにようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

『海賊とよばれた男』 出光佐三の半生、すべての日本人への応援歌

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の14番目は
『海賊とよばれた男』 (かいぞくとよばれたおとこ)です

**************************************************


いやあ、すごかったですねえ

『海賊とよばれた男』 、見てきました

原作は、2013年第10回本屋大賞を受賞、百田尚樹 (ひゃくたなおき) [1] の力作、出光佐三 [2] の半生を描いて圧巻

まずは、予告編をどうぞ




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪プロローグ 原作と映画
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
物語の始まりは、原作者の思い、映画監督の思い、それぞれがギュッと凝縮したものです

原作のプロローグ
「青い空がどこまでも続いていた」で始まる序章は、小学校の校庭に集まって、終戦の詔勅を聞いた人々の多くが、呆然と立ち尽くし、地面にひれ伏し、なかにはすすり泣く者もいた情景を、あくまで静かに描写していく

本屋大賞を受賞した、百田尚樹の厚みのある文章が、とてつもない物語を、穏やかに始めていきます

海賊とよばれた男_上下_convert_20161217155131


映画のプロローグ
映画は、小説とは全く異なる、ショッキングなシーンから始まる

突然、B29が出現し、焼夷弾を落としていく
焼夷弾は最初の炸裂で、無数の細かいダイナマイト状の爆弾に分かれ、その一つ一つの導火線に火が付き、
バラバラに広がり落下
地上には密集した木造家屋が立ち並び、バラバラに落下した焼夷弾が破裂し、業火で見る見るうちに焼き尽くされる・・・
逃げ惑う人々

山崎 貴 (やまざきたかし) が、得意のVFXを駆使し、圧倒的な迫力で映画をスタートします

そこで、
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪この映画、漢字一字で
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
今年2016年の漢字は「金」でした
では、『海賊とよばれた男』を漢字一文字で表すと、何でしょうか

「凄」 (せい) でしょうね

「凄まじい」 (すさまじい) という風に使います
出光佐三の半生と、最初の衝撃シーンから始まる映画の展開は、この一字でしょうね


というわけで、『海賊とよばれた男』は、どんな人におススメなんでしょうか

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪この映画、どんな人におススメ
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
こんな人 
中高年が多く戦争を経験した世代でしょうか

映画館は、たいへん混んでいました

今度の週末に、ぜひどうぞ

こんな人 
元気を無くしている人におススメです

全編、出光佐三の凄まじい闘志で、展開していきます

真似することなど到底できませんが、こんな奴が戦後の日本を支えてきたんだと思うと、勇気が湧いてきます

こんな人 
不景気で行き詰っている経営者におススメです

ただし、「良い子 (経営者?) は絶対に真似しないでください」と言いたいですね

そのまま真似してはいけません、その気概だけ、真似してください

こんな人 
とにかくスカッとしたい人

最初から飛ばしている物語は、そのまま、どんどん展開して、面白い面白い

最後には、穏やかなラストシーンで、しっかりとクールダウン

映画館を出た時には、スッキリとした自分を発見します




原作は、『永遠の0』に続き、百田尚樹 (ひゃくたなおき)


監督・脚本・VFXは、同じく『永遠の0』に続き、山崎 貴 (やまざきたかし)


主演は、岡田准一 (おかだじゅんいち) [3]
国岡鐡造/岡田准一 
国岡鐡造 (くにおかてつぞう) 
国岡商店の店主。モデルは出光興産創業者、出光佐三



綾瀬はるか (あやせはるか)
国岡ユキ/綾瀬はるか 
国岡ゆき (くにおかゆき) 役
鐵造の前妻で、鐵造を愛していたが、やむを得ない事情で、自ら別れを切り出す


吉岡秀隆 (よしおかひでたか)
東雲忠志/吉岡秀隆 
東雲忠司 
(しののめただし) 役
国岡商店の店員で、モデルは後の経団連副会長、石田正賓出光興産三代目社長


染谷将太 (そめたにしょうた)
長谷部喜雄/染谷将太 
長谷部喜雄 (はせべよしお) 
国岡商店の店員


鈴木亮平 (すずきりょうへい)
武知甲太郎/鈴木亮平 
武知甲太郎 (たけちこうたろう) 
国岡商店の店員で、モデルは手島治雄出光興産専務


野間口 徹 (のまぐちとおる)
柏井耕一/野間口徹 
柏井紘一 (かいわいこういち) 役
国岡商店の店員。物覚えが悪く才気が無いが、人一倍の努力で国岡を支える


ピエール瀧 (ぴえーるたき)
藤本壮平/ピエール瀧 
藤本壮平 (ふじもとそうへい) 役
国岡商店の店員。元海軍大佐でモデルは長井弘介


小林薫 (こばやしかおる)
甲賀治作/小林薫 
甲賀治作 (こうがじさく) 役
国岡商店の店員。抜群の記憶力の持ち主


光石 研 (みついしけん)
国岡万亀男/光石研 
国岡万亀男 (くにおかまきお) 役
鐵造より3つ年上の兄。初の海外進出先である大連支店の支店長


盛田辰郎 (もりたたつろう) 役
盛田辰郎/堤慎一 
日昇丸の船長で、命がけでイランへの舵を取る


近藤正臣 (こんどうまさおみ)
木田章太郎/近藤正臣 
木田章太郎 (きだしょうたろう) 役
国岡商店創業の大恩人


國村 隼 (くにむらじゅん)
鳥川卓巳/國村隼 
鳥川卓巳 (とりかわたくみ) 役
国内最大手の石油会社「日邦石油」(モデルは日本石油)社長
国策企業である石油配給統制会社の社長として石油流通を統制し、国岡商店を潰しにかかる

 



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
作品すべての中に、名シーンが数多く登場しますが、今回は

1.冒頭のVFXを駆使した空襲シーン
2.海賊と称される、船で油を売るシーン
3.イランからの帰途、日承丸が英国軍艦と対峙するシーン
4.95才になって、別れた妻の真実を知るシーン

が、見どころでしょうね

その
B29の空襲シーンは、恐ろしいものでした

最初に度肝を抜かれ、すぐに、悲しくなりました


その
なぜ海賊とよばれたのか、このシーンで明らかになります

まさに、これぞたくましい、出光佐三の商魂

その
英国戦艦との度胸試し、果たして結果は


その 
95才になった出光佐三が、分かれた妻の真実を知るノートを見る

後悔の念が、胸を締め付ける、岡田准一迫真の演技



* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪劇中の名言
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *

出光佐三が、社員に向かって言い放つ

「日本人がおる限り、この国は再び立ち上がる。下を向いている暇はない」

最も、日本人らしい日本人、どんな状況に置かれても、必ず立ち上がる不屈の精神力


* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪お見逃しなく
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
本編が終わると、そそくさと帰っていく人がいますが、完全に終わって、明るくなるまで帰らないでね

その
劇中音楽をお楽しみください


国岡商店社歌「荒波乗り越えて」が随所に歌われます

苦しいとき悲しいとき、その折々の苦境を吹き飛ばして、歌います

その
タイトルバックに、佐藤直紀 (さとうなおき) [4] の「海賊とよばれた男」オリジナルサウンドトラック が流れます


以上、お見逃しなく、お気をつけて!

映画の中には、たくさんの知識や教訓が、散りばめられています
そこで、
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪特別授業 1レッスン
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

今回は、これひとつ勉強すれば充分!

レッスン
どんな状況に置かれても、必ず道は開ける

国岡鐡造の行く手には、様々な困難が待ち受けている

しかし、どんな絶望的な状況に置かれても、決して諦めず乗り越えていく

そんな、ところを学んでほしいですね


「糸のような細い可能性でも、残っていたら、絶対に諦めないこと、たぐってたぐって!」




* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪原作先・映画先
* * * * * * * * * * * * * * * * * * *
原作を読むのが先か、映画を見るのが先か、いつも悩むところですが、今回は、映画が先の方が、良さそうです

そののち、映画のキャラクターを思い浮かべながら、原作を読んで楽しみます

映画と原作の、違う部分を見つけるのも、楽しみの一つです


『海賊とよばれた男』を、
> > > 楽天で見てみる
> > > アマゾンで見てみる
> > > Yahoo!ショッピングで見てみる
> > > セブンネットショッピングで見てみる★

山崎貴 監督の見事に映像化された脚本とVFX
柴崎幸三 (しばさきこうぞう) [5] の、見事なカメラワーク
主役岡田准一 の好演

アロアロヨシさんの映画ブログでは、ネタばれは致しません
ぜひ、本編で、堪能してください

【作品情報】
2016年12月10日封切り
日本映画
上映時間:2時間25分
原作:百田尚樹「海賊とよばれた男」(講談社文庫)


脚注:
[1] 百田尚樹 - Wikipedia
[2] 山崎貴 - Wikipeia
[3] 岡田准一 - Wikipedia
[4] 佐藤直紀 - Wikipedia
[5] 柴崎幸三 - Wikipedia


『海賊とよばれた男』公式サイトは、
こちらから → http://kaizoku-movie.jp/introduction.html




| ホーム |


 ホーム