FC2ブログ

♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

立春、「春はあけぼの」、まだ風は冷たいですが、日差しは春ですよね、清少納言さん

「まだまだ寒いですね」と、過ごしていたら、立春 [1] になっていました

立春は、二月四日から十七日ころで、二十四節気 (にじゅうしせっき) の一つ、旧暦では一年の始まりです

春は暦で、「寒さが増さなくなった時期」と定義されたため、春の始まり、立春は、寒さが底を打った時期、ということになります

ですから、これから段々と暖かくは、なるのですが、しばらくは、寒い日が続くのです

「春は名のみの、風の寒さよ・・・」、唱歌「早春賦 (そうしゅんふ)」を口ずさんでしまう、今日この頃、早朝、起きるのが、まだまだつらいですよね

ところが、先人たちは、寒い早朝のなかに、春の兆しを見つけ、楽しんでしまいました


清少納言の「枕草子」に、

原文:
「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎはすこしあかりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。」

通釈: [2]
春のけしきの中では夜明け方 《がおもしろい》。だんだん白々 (しらじら) と明けてゆく山の外郭 (がいかく) のあたりの空がすこし明るくなって、そこに紫がかった雲が細くたなびいている、《そういうけしきがよい》。

と、書かれています

冒頭部分の書き出し、春の節で、たいへん有名な、清少納言の自然に対する鋭い観察力と、感性が感じられる文章です

学校で習った時は、「そんなもんかなあ」という程度で、感動も何もありませんでした。

しかし、だんだんと歳を重ねて、何度も何度も、春の早朝を見慣れていくうちに、夜が白々と明け始めるころの、空と雲の色、淡い薄紫の良さが次第に分かるようになり、なるほどと思うようになってきたのです

東雲 (しののめ) ですね

夕焼けのように、濃い色ではなく、淡い、何という美しい色でしょうか


アロアロヨシさんは最近、その色の、陶器を見つけました ↓ これです

春はあけぼの_器

銘はそのものずばり、「春はあけぼの」 [3]
兵庫県の陶芸家、森野知子さんの抹茶茶碗、 アロアロヨシさんの好きな、萩焼で表現しています

森野さんは、日本の風景や美しさを取り入れた作品を、数多く作陶しています


というわけで、アロアロヨシさんの♪古文シリーズ、第3弾でした

いやあ、古典文学というは、本当に良いものですね

もっと、古文の時間に、勉強しておけばよかったと思っている、今日この頃の、アロアロヨシさんです

寒い寒いと言っていても、立春となり、少しずつ暖かくなって、春らしくなってきます

暦を見ながら、季節を感じる
日本って、ほんとに、良いですね。

アロアロヨシさんは、あなたを、「日本に生まれて良かったな党」にするために、日夜、ネタを探し続けるのです。

一緒に、日本を楽しみましょう。


脚注:
[1] 立春(りっしゅん)2月4日~17日頃
[2] 「枕草子」浅尾芳之助・野村嗣男 共著 日栄社版
[3] 抹茶茶碗「春はあけぼの」は、14,040円と、ちょっと高めですが、春を感じながらの茶の湯は、格別です
楽天で購入できます→和食器 抹茶碗 銘「春はあけぼの」 作家「森野知子」「木箱付」
アマゾンはこちらから→和食器 抹茶碗 銘「春はあけぼの」 作家「森野知子」「木箱付」

tag : 日本に生まれて良かったな党 アロアロヨシさんの♪古文シリーズ

<< 本格派"スパイ・アクション"ムービー「007」、「ミッション:インポッシブル」、日本では「ジョーカー・ゲーム」 | ホーム | \(^o^)/ もらってうれしい、義理チョコランキング \(^o^)/ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム