FC2ブログ

♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

十七番、「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」は、千早と、関取「龍田川」の、悲恋のお話し

アロアロヨシさんの♪百人一首ブログ その1/100首

小倉百人一首の十七

在原業平朝臣 (ありわらのなりひらあそん) [脚注 1] の詠まれる

在原業平


「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」

(ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれないに みずくくるとは)

§ 表向きの意味 §
この歌の受験参考書の模範解答は、こうです、、、

「神代の大昔にでもあったことは聞かない。龍田川が、真紅に水をくくり染めにするということは」 [脚注 3]

§ 深読みの意味 §
一方、歌の大人のお遊びは、こうです、、、

昭和のある日、、、

ラジオで落語をやっていました、アロアロヨシさんが、小学生の時でした

ラジオ
(アロアロヨシさんの家にあったものと同型機のラジオ)

年代からすると、九代目 桂 文治 (かつら ぶんじ) だと思いますが、その頃は、落語家としか認識してませんでした

九代目 文治の名調子で、千早と龍田川の物語は、面白くもあり、悲しくもあり、疑問もありで、いつの間にか、聴き入ってしまいまいした

終わってから、なんでオカラ (豆腐の) くらい、めぐんでやらなかったのか、とか、女に振られたくらいで、相撲取りをやめるのか、とか、いろいろな疑問がわいてきて、一度聴いただけで、落語の全てが、頭に残りました


落語はこうです、、、

隠居が茶を飲んでいると、八五郎がやってきて、娘に表題の短歌の意味を聞かれ、答えられなかったという

隠居は、次のように、説明した

「関取の龍田川が、花魁 (おいらん) の千早に振られ、千早の妹分の神代にも言い寄ったが、いうことを聞かない (ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川)

このことで、成績不振に陥った龍田川は、関取を廃業、田舎へ戻って豆腐屋を継いだ

それから数年後、龍田川の店に、オカラをめぐんで欲しいと、女乞食が現れた

それが、千早だと気が付いた龍田川は、怒って、オカラをやらずに、千早を追い払った (からくれないに)

千早は、こうなったのも全て自分が悪いと、井戸に身を投げて果てた」 (水くくる)

八五郎が、最後に余った「とは」とは、どういう意味かと問うと、隠居は、千早の本名「とわ」だと答えた

アロアロヨシさんは、面白くて、友達に落語調で語って、しばらく、盛り上がりましたが、そのうちに、飽きて、高校で本当の意味を勉強するまで、話題には出ませんでした

その後、偶然の縁で、十代目 桂 文治の落語に、出会うことになりますが、それは、これから、30年後のこととなります


百人一首17ちはやふる

アロアロヨシさんが、本当に、百人一首に目覚めたのは、高校生の時、カルタの好きな女の子に、出会ってからでした

プチ恋のお話は、次回か、次々回に、言っちゃおうかなーーー


江戸時代の狂歌

江戸時代には、小倉百人一首の全てに、替歌 (パロディ) が創作されました

「千早ふる 神代もきかず 江戸中に 目から鼻から 砂くぐるとは」

宝永4年 (1707年)11月23日、富士山大噴火の火山灰が、降ってきた時の落首 (らくしゅ) です

江戸の町民は、こんな大変な時にも、パロディで楽しんでしまいました


映画「ちはやふる」

いよいよ、来年の3月、実写版「ちはやふる」が、公開になります

広瀬すずの初主演

2016年3月に「上の句」、4月に「下の句」の二部作が、順次公開されます

原作は漫画で、累計販売1,300万部を突破する、大ベストセラーです



公開次第、アロアロヨシさんの♪映画ブログで、お知らせします

公式ガイドブック、百人一首かるた、漫画、アニメ、グッズも出ています
多方面から、「ちはやふる」をお楽しみください

「ちはやふる」を、
>>> ★ 楽天市場で探す ★

>>> ★ アマゾンで探す ★

>>> ★ Yahoo!ショッピングで探す ★

>>> ★ セブンネットショッピングで探す ★



脚注:
[1] 在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)
西暦825~880年
六歌仙 [2] の一人、「伝説の美男子、風流才子」と言われ、伊勢物語の主人公とされています

[2] 六歌仙:僧正遍昭(そうじょうへんじょう)・文屋康秀(ふんやのやすひで)・喜撰法師(きせんほうし)・小野小町(おののこまち)・大伴黒主(おおとものくろぬし)

[3] 出典「百人一首の探求」中島悦次著 有朋堂



tag : 百人一首 在原業平

<< 十番、「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」は、「坊主めくり」のジョーカー、蝉丸の歌 | ホーム | 「秋の日は釣瓶落とし (あきのひはつるべおとし)」、もう来週は、秋分ですね >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム