♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

八七番、「むら雨の 露もまだ干ぬ 真木の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮れ」は、むすめふさほせ、1枚札の1番目

アロアロヨシさんの♪百人一首ブログ その3/100首

小倉百人一首の八七

寂蓮法師 (じゃくれんほうし) [1] の詠まれる

寂蓮法師


「むら雨の 露もまだ干ぬ 真木の葉に 霧たちのぼる 秋の夕暮」 [2]

(むらさめの つゆもまだひぬ まきのはに きりたちのぼる あきのゆうぐれ)


高校一年生のある日、、、

突然、坊主めくりばかりやっていたアロアロヨシさんが、百人一首カルタに、目覚めました

アロアロヨシさんが、本当に、百人一首に目覚めたのは、高校一年の時、カルタの好きな女の子に、出会ってからでした

それは、加代ちゃんという、同級生の、おさげ髪の女の子で、

メガネをかけて、特別に顔が可愛いというわけではないのですが、仕草がなんとなく好感が持てて、ツッコミなどの反応の早い、英語クラブ所属で、英語の発音がメチャきれいな、女の子でした

冬休みも近い教室、正月の遊びで、カルタの話が出て、なんと、加代ちゃんは、百人一首カルタが得意だということでした

今は歯医者になっている、友人Sと二人で、正月に加代ちゃん宅へ行って、カルタ取りに挑戦しようということになりました

まだ、少々日にちがあったので、やり方を、お袋に、再レクチャーしてもらい、トレーニングを始めました

そのトレーニング法は、テープレコーダーに和歌を吹き込んで、聞きながら、上の句が終わらないうちに、下の句を言うというものでした

最初は、下の句が出てこないと、答えられなかったものが、上の句を聞くとすぐに、下の句が出てくるようになりました

そこで、試しに、自分の家では、お袋、兄貴や近所の遊び仲間と、友人の家では、Sとその姉妹とで、「散らし取り」の、カルタ取りをしてみました

テープレコーダーの特訓は功を奏し、連戦連勝でとても気分が良く、正月が楽しみとなったのでした

加代ちゃん宅でのカルタ取り

とうとう、その時がやってきて、
アロアロヨシさんと、友人S、加代ちゃんと、その親戚の子、競技者4人

読み手が、加代ちゃんのお袋さんだったかお姉さんだったか、今となっては、忘れてしまいました

最初は、「散らし取り」でやりました
成績は、アロアロヨシさんと加代ちゃんが同じくらい、その次が親戚の子、ビリがSの順でした

次に、加代ちゃんの提案で、より本格的な競技、源平戦をやろうということになって、そのやり方を、教えてもらいました


源平戦」のやり方は、こうです、

まず、競技者が二組に分かれ、50枚ずつを持ち札とし、それぞれの持ち札を、自分たちのほうへ向けて、三段に並べます

勝つコツ: 並べる時に、自分たちには分かるけれども、相手には分からない順序で並べるのが、1つのコツですが、でたらめに並べておいて、全ての位置を記憶するのも手です (記憶力の問題ですが)

また、自分の陣地の札の位置は、好きなように並べ替えることができます

競技は、読み手に、歌を詠んでもらい、競技者が、字札を取り合うのは、「散らし取り」と同じなのです

違うのは、相手の陣地の札を取ったら、自分の持ち札を1枚相手に渡し、自分の陣地の札を、相手に取られたら、相手から1枚受け取ります

こうして、札を取っていき、自分の陣地の札が早く無くなった方が、勝ちとなります

そして、完敗、、、

加代ちゃん達のチームワークは、とても鋭く、アロアロヨシさんとSのチームワークは、ガタガタで、あれよあれよという間に、負け続けました

帰り際に、百人一首カルタに強くなるノウハウを、いろいろと教えてもらいました

その1つが、「むすめふさほせ」でした

上の句の最初の一文字が、一枚しかない札を、一枚札と言い、「むすめふさほせ」の、7枚であるということでした

む: むらさめの・・・きりたちのぼる
す: すみのえの・・・ゆめのかよひぢ
め: めぐりあひて・・くもがくれにし
ふ: ふくからに・・・むべやまかぜを
さ: さびしさに・・・いづこもおなじ
ほ: ほととぎす・・・ただありあけの
せ: せをはやみ・・・われてもすえに

これらは、最初の一字を読んだだけで、決まってしまうもので、「一字決まり」と言います

この名人の段階には、到達せず、アロアロヨシさんのプチ恋は、受験勉強で時間を取られ、いつともなく、終了してしまいました


歌の意味は、こうです、、、

「夕立のしずくの露もまだかわかない真木の葉に、霧が立ちのぼる秋の夕方の景色よ」 [2]

百人一首87むら雨の




江戸時代の狂歌

江戸時代には、小倉百人一首の全てに、替歌 (パロディ) が創作されました

「洗濯の まだのりの干ぬ 単物に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ」
夢中楽輔 [3]

意味:秋の日は釣瓶落とし、一重 (着物) の糊が、まだ乾かぬうちに、暮れてきてしまった、取り込もうか、まだ早いか、ここが思案のしどころ


脚注:
[1] 寂蓮法師(じゃくれんほうし)
西暦1139~1202年
俗名:藤原定長 (ふじわらさだなが)

[2] 出典「百人一首の探求」中島悦次著 有朋堂

[3] 「狂歌才蔵集」巻四


>>> 「むすめふさほせ」を、楽天市場で探す

>>> 「むすめふさほせ」を、アマゾンで探す

>>> 「むすめふさほせ」を、Yahoo!ショッピングで探す


tag : 源平戦

<< 七〇番、「さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮」、秋の夕暮は、いつも、背中合わせの二人なのです | ホーム | 十番、「これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも 逢坂の関」は、「坊主めくり」のジョーカー、蝉丸の歌 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム