FC2ブログ

♪ ウクレレで大歓迎 ♪

アロアロヨシさん

Author:アロアロヨシさん
アロアロよしさんのブログに
ようこそ!
ハワイ大好き♪フラダンス&ウクレレ・映画・ワンちゃん大好き♪茶の湯・表装・CDプロデュースもやってますよ♪でも本業は!露点計・水分計のエンジニアなのです♪

クリックで救える命がある

クリックで救える命がある。

最新記事

日本初オーガニックワイン専門店

アロアロヨシさんの♪リンク集

記事のテーマ一覧

月別アーカイブ

旅行を、口コミで検討できる

最新コメント

記事のキーワード

毎週発行して、ブログ・HPのアップ状況をお知らせします

アロアロヨシさんの♪お知らせメール♪
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

検索フォーム

RSSリンクの表示

そろそろ、我が家も・・・

アロアロヨシさんもウィルスバスターを信頼しています

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

お届け ひとりぶん 京のおそうざい

お名前.comのお知らせ

青春マンガの大本命「ちはやふる」、実写映画化で登場、「上の句」は”競技かるた部”創部から、いざ、東京都予選へ

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の10番目は、『ちはやふる 上の句』です

**********************************************

見てきました『ちはやふる 上の句』 [1]
いやーあ、面白かったですね

青春大爆発!、最初から最後まで、大画面に、くぎ付けでした


主演は、広瀬すず

主演映画は、「海街ダイアリー」に続く、2作目です

主演、第1作は、
> > > 2015年8月8日ブログ「海街ダイアリー」を、ご覧ください

ちはやふる


物語は、瑞沢高校 (みずさわこうこう) のかるた部が公認される、最低部員5人を獲得するための、新入部員勧誘から始まります

まずは、予告編をご覧ください




* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
作品すべての中に、名シーンが数多く登場しますが、今回は、

1.地域かるた大会の決勝シーン
2.かるたの飛翔シーン
3.清水下小道 (しみずしたこみち) のシーン
4.東京と予選大会 のシーン

の4カ所が、見どころでしょうね

1.地域かるた大会の決勝シーン
最初の衝撃シーンは、かるた大会決勝で、千早がかるたをはじく速さとすさまじさ

主人公の千早は、1枚札の最初の1文字の発音前の、音になる前の音を聞くことが出来るということです

一字決まりの「ふくからに」の「ふ」、の前の「F」の音を聞いて、札を取るのです

2.かるたの飛翔シーン
VFXの名プロデューサー赤羽智史が、VFXを駆使して、迫力のかるた飛翔シーンを映像化してくれました

3.清水下小道のシーン
千早は、競技が終わるとエネルギーを使い果たして、眠ってしまうのですが、そんな千早を太一がおぶって歩くシーンです

男なら、好きな女性をおぶって、歩いてみたい
女なら、好きな男性におぶられて、歩いてみたい

だけど、太一は千早が好きなのですが、千早は太一のことをどう思っているのでしょうか

せつないですよね

4.東京都予選大会 のシーン
決勝戦で、バラバラの瑞沢高校チームが、一体となって、やがて、続くラストシーンは、圧巻です

お楽しみください

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪劇中の名言
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
真島太一と原田秀雄の会話

真島太一:「青春全部かけたって、俺はあいつに勝てない」
原田秀雄:「かけてから言いなさい」

青春を全部かけることに、出会えるだろうか、そしてその時、全部かけて、空になることが出来るだろうか

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪お見逃しなく
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
本編が終わると、そそくさと帰っていく人がいますが、完全に終わって、明るくなるまで帰らないでね

1.タイトルバックに、主題歌、Perfumeの「FLASH」が流れます



なんと、Perfumeのメンバーは全員、原作「ちはやふる」の熱烈なファンです

2.映画の名シーンが流れます

3.「下の句」の予告編が流れます

お見逃しなく、お気をつけて!


原作を、できるだけ忠実に表現した小泉徳宏の脚本と演出
柳田裕男の、話題のドロ-ンも駆使した見事なカメラワーク
主役広瀬すずの好演
赤羽智史の迫力のかるたVFX
横山克の素敵な音楽は、

ぜひ、映画館の大画面とサウンドトラックで、堪能してください


出演 :
俳優役名キャラクター
広瀬すず
ひろせすず
綾瀬千早
あやせちはや
主人公
真剣佑
まっけんゆう
綿谷 新
わたや あらた
尊敬する幼馴染
野村周平
のむらしゅうへい
真島太一
まじまたいち
頼りにする幼馴染
森永悠希
もりながゆうき
駒野 勉
こまのつとむ
端沢高校 競技かるた部
机くん
上白石 萌音
かみしらいし もね
大江 奏
おおえ かなで
端沢高校 競技かるた部
百人一首の好きな女の子
矢本 悠馬
やもとゆうま
西田 優征
にしだゆうせい
端沢高校 競技かるた部
肉まんくん
清水 尋也
しみずひろや
須藤 暁人
すどうあきひと
北央学園 競技かるた部
坂口 涼太郎
さかぐちりょうたろう
木梨 浩 
きなしひろ
北央学園 競技かるた部
國村 隼
くにむらじゅん
原田秀雄 
はらだひでお
かるたの師匠
松岡 茉優
まつおかまゆ
若宮 詩暢
わかみやしのぶ
競技かるたクイーン
松田 美由紀
まつだみゆき
宮内 妙子
みやうちたえこ
部活顧問


 


【作品情報】
2016年/日本映画
上映時間:111分
原作:末次由紀『ちはやふる』(講談社「BE・LOVE」連載)

スタッフには、素晴らしいメンバーが揃っています

監督・脚本小泉徳宏( こいずみのりひろ )
1980年東京都生まれ、ROBOT所属

『タイヨウのうた』で2006年デビューし大ヒット、2008年に佐藤隆太主演『ガチ☆ボーイ』を発表し、国内外で高評価を得、数々の海外映画祭で上映された

以降、
2010年『FLOWERS』、蒼井優・鈴木京香・竹内結子・田中麗奈・仲間由紀恵・広末涼子出演
2013年『カノジョは嘘を愛しすぎてる』佐藤健主演、新人の大原櫻子を発掘し話題に

新人や若手俳優を次々に起用していく先見性と、その繊細で情緒豊かな演出手腕は、各方面から高い評価を受けている
今作では脚本も担当し、これからの日本映画界を背負って立つ存在と評されている

音楽横山克( よこやままさる )
1982年長野県生まれ、国立音楽大学作曲学科卒

映像音楽を中心にポップスなどの作編曲も手がける

主な映画作品は、
2014年映画『悪夢ちゃん The 夢ovie』(佐久間紀佳監督)
2015年『ヒロイン失格』(英勉監督)
2016年『ガラスの花と壊す世界』(石浜真史監督)

主なドラマ作品は、
2011年「蜜の味〜A Taste Of Honey〜」(フジテレビ)
2012年「理想の息子」(日本テレビ)、「悪夢ちゃん」(日本テレビ)
2013年「夜行観覧車」(TBS)、「七つの会議」(NHK)
2014年「Nのために」(14年/TBS)

製作:中山良夫、市川南、鈴木伸育、加太孝明、藪下維也、石川豊、弓矢政法、高橋誠、宮本直人
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
企画・プロデュース:北島直明
プロデューサー:巣立恭平
撮影:柳田裕男(やなぎだひろお)
照明:宮尾康史
美術:五辻圭
録音:小松崎永行
編集:穂垣順之助
サウンドデザイン:大河原将
装飾:龍田哲児
VFXプロデューサー:赤羽智史
スタイリスト:新崎みのり
ヘアメイクディレクション:古久保英人
ヘアメイク:内田香織
アニメーションディレクター:ファンタジスタ歌麿呂
スクリプター:本図木綿子
助監督:権徹
制作担当:雲井成和
ラインプロデューサー:齋藤悠二
協力:一般社団法人全日本かるた協会
配給:東宝
制作プロダクション:ROBOT
企画・製作幹事:日本テレビ放送網
製作:2016映画「ちはやふる」製作委員会(日本テレビ放送網、東宝、講談社、ROBOT、讀賣テレビ放送、電通、ジェイアール東日本企画、KDDI、GYAO!、STV、MMT、SDT、CTV、HTV、FBS、FBC)


ここで、メイキング映像を、ご覧ください

ちはやふるの撮影現場は、合宿そのもの!毎日部活状態でした



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪原作先・映画先
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
原作を読むのが先か、映画を見るのが先か、いつも悩むところですが、今回は、どちらが先でも、楽しめます

そして必ず、マンガも映画も見てほしいのです

マンガはマンガのギャグ、末次由紀の世界の面白さ、映画は映像の素晴らしさ、小泉徳広の名演出、広瀬すずの好演、それぞれの良さの、相乗効果で、あなたの中に、とっても素晴らしい世界が、広がりますよ

原作は、累計1400万部突破、現在、巻31まで発売中、青春漫画の金字塔です

公式ガイドブック、百人一首かるた、漫画、アニメ、グッズも出ています


映画のノベライズ
も面白いですよ、映画を小説にしたものですが、今回は、

時海結以 (ときうみ ゆい) が、この映画をノベライズしてくれました

映像では伝わらなかった、或いは、感じ取れなかったことが、ハッキリと理解できます

そして、もう一度映画が見たくなります


多方面から、「ちはやふる」をお楽しみください


「ちはやふる」を、
>>> ★ 楽天市場で探す ★
>>> ★ アマゾンで探す ★
>>> ★ Yahoo!ショッピングで探す ★
>>> ★ セブンネットショッピングで探す ★


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪特別授業 3レッスン
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

レッスン1
ここで、この映画の主題となった、「ちはやふる・・・」の歌を紹介します

小倉百人一首の十七

在原業平朝臣 (ありわらのなりひらあそん) [1] の詠まれる

千絵崇石_十七番
千絵崇石絵「紅の水(くれないのみず)」Maple Colored River [2]

「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」

(ちはやぶる かみよもきかず たつたがわ からくれないに みずくくるとは)

§ 表向きの意味 §
この歌の受験参考書の模範解答は、こうです、、、

「神代の大昔にでもあったことは聞かない。龍田川が、真紅に水をくくり染めにするということは」 [3]

§ 深読みの意味 §
一方、歌の成熟した大人の感性は、こうです、、、

在原業平が、禁じられた恋の相手、清和天皇の女御(にょうご=天皇の側室)二条の后を想って詠みました

「激しい水の流れを、真っ赤に染め上げてしまうほどの燃える思いで、今もあなたを愛しています」

すごい!参りました

参照:
2015年11月6日アップの
アロアロヨシさんの♪百人一首ブログ その1/100首は、
こちらから↓↓↓↓↓
十七番、「ちはやぶる 神代も聞かず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは」は、千早と、関取「龍田川」の、悲恋のお話し

レッスン2
そこで、百人一首が教えてくれる、恋愛対処法

千年前の教え、その1、「溢れる思いを伝えたいあなたに」


レッスン3
最後に、決まり字のおはなし

かるたを取るときに、上の句の最初の1文字目で取れる札が何枚あるかで、1枚札、2枚札、3枚札、4枚札と言います

1枚札
最初の文字を取って「む・す・め・ふ・さ・ほ・せ」と覚える

らさめの:  寂蓮法師
みのえの:  藤原敏行朝臣
ぐりあひて: 紫式部
くからに:  文屋康秀
びしさに:  良暹法師
ととぎす:  後徳大寺左大臣
をはやみ:  崇徳院

2枚札
冒頭の1文字で2首まで決まる札、「う・つ・し・も・ゆ」と覚える。
「う」
うかりける:  源俊頼朝臣
うらみわび: 相模
「つ」
つきみれば: 大江千里
つくばねの:  陽成院
「し」
しのぶれど: 平兼盛
しらつゆに:  文屋朝康
「も」
ももしきや:  順徳院
もろともに:  前大僧正行尊
「ゆ」
ゆうされば: 大納言経信
ゆらのとを: 曽禰好忠

3枚札
冒頭の1文字で3首まで決まる札、「い・ち・ひ・き」と覚える
「い」
いにしえの: 伊勢大輔
いまこんと: 素性法師
いまはただ: 左京大輔道雅
「ち」
ちはやぶる: 在原業平朝臣
ちぎりきな: 清原元輔
ちぎりおきし:藤原基俊
「ひ」
ひさかたの: 紀友則
ひとはいさ: 紀貫之
ひともおし: 後鳥羽院
「き」
きりぎりす: 後京極摂政前太政大臣
きみがためはるののにいでて:光孝天皇
きみがためおしからざりし:藤原義孝

4枚札
冒頭の1文字で4首まで決まる札、「は・や・よ・か」と覚える。
「は」
はるすぎて: 持統天皇
はるのよの: 周防内侍
はなのいろは:小野小町
はなさそう: 入道前太政大臣
「や」
やえむぐら: 恵慶法師
やすらわで: 赤染衛門
やまがわに: 春道列樹
やまざとは: 源宗于朝臣
「よ」
よをこめて: 清少納言
よもすがら: 俊恵法師
よのなかよ: 皇太后宮大夫俊成
よのなかは:鎌倉右大臣
「か」
かくとだに:藤原実方朝臣
かささぎの:中納言家持
かぜそよぐ:従二位家隆
かぜをいたみ:源重之

ちなみに、主人公の千早は、1枚札の最初の1文字の発音前の、音になる前の音で、下の句を取ってしまうのです

「びっくりポンやっ!」


脚注:
[1] 在原業平朝臣(ありわらのなりひらあそん)
西暦825~880年
六歌仙の一人、「伝説の美男子、風流才子」と言われ、伊勢物語の主人公とされています

[2] 出典:「歌仙絵 百人一首」千絵崇石著
千絵崇石画伯により描かれた、百枚の歌人の絵に、日本語と英語で題名が付けられ、歌の解釈、歌人親子関係、歌人年表が付録、表紙カバーが美しく装丁された、愛蔵版、百人一首の本です

歌仙絵_百人一首

こちらから購入できます → 百人一首絵 説明と解釈ホームページ

[3] 出典「百人一首の探求」中島悦次著 有朋堂


tag : 百人一首

『海難1890』、日本人が知らない、トルコと日本の、奇跡の実話

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の9番目は、
『海難1890』です

***************************************************

見てきました『海難1890』 [1]
いやーあ、良かったですね

日本人が知らない、奇跡の実話、心に残りました

海難1890_海

物語は、1890年、エルトゥールル号の座礁から始まります

これが、↓ 実際の船です
エルトゥールル号


まずは、予告編をご覧ください




トルコ共和国のユルドゥズ宮殿で、プレミア上映会
現地時間2015年11月13日(金)夜に、開催されました

安倍晋三(第97代日本国内閣総理大臣)と、レジェップ・タイイップ・エルドアン(第12代トルコ共和国大統領)が、同席し鑑賞

出演者の、ケナン・エジェ、メリス・ババダー、田中光敏監督も同席

2国のトップが、1つの映画を鑑賞することは、極めて異例であり、これにより、両国間の絆は更に深くなり、世界に向けて、この奇跡を発信する、重要な上映会となりました


「時を越える絆」~エルトゥールル号が繋ぐ友好の物語~

トルコと日本の友好の地、和歌山県が、とても分かりやすい動画 (13分17秒) を提供しています、そしてちょっぴり、和歌山県のアピールもしています、ごらんください




辛坊治郎さんの番組、日本テレビの"ウォークアップ!プラス"でも取り上げられ、トルコと日本の親密な関係が、解説されています

(2015年12月12日放送)

この番組の中で、和歌山県串本町にある無量寺に残る、書簡の写しを取り上げています

それは、トルコ政府からのもので、「治療費などの費用を、請求してほしい」という内容でした

地元の医師は、「初めから、薬価施術料を請求するつもりはなく、ただ、負傷者の痛ましい様子を見て、助けたい一心で行ったのであり、費用は遭難者へ寄付いたします」と、回答した

海難1890_書簡
(写真提供:串本町)

また、同じく番組の中で、この時、イランから脱出した沼田準一さん73歳が、生々しい体験を語っています

当時、沼田さんは、そんな昔のいわれを、知らなかったそうで、なぜトルコ人が日本人を助けてくれるのか、理解できなかったそうです


アロアロヨシさんはといえば・・・

情けないことに、トルコの国に対する理解は、沼田さんより、かなり貧弱で、以下が全てです、お恥ずかしい

1. トルコ風呂に入る
2. 日本人に対して友好的である
3. トルコ行進曲
4. 「飛んでイスタンブール」庄野真代
5. ロイ・ジェームス
6. ケバブ
7. トルコライス
8. トルコアイス
9. トルコ帽
10.カッパドキア
11.ノアの方舟

みなさんは、いかがですか?
映画『海難1890』と、関連の動画などにより、豊富な知識を得ることができました、感謝

この中の、「2. 日本人に対して友好的である」の原点が、今回の作品のテーマなのです

物語は、125年前の日本から始まります
1890年9月、オスマン帝国の親善使節団がその役目を終え、エルトゥールル号で帰路の途中、和歌山県串本町沖で座礁、大破

乗組員618名が、暴風雨で荒れる海に投げ出され、500名以上の犠牲者を出してしまうのです

そんな大惨事の中、地元住民による必死の救助活動が行われ、69名のトルコ人を救助します

次に、1985年のトルコへ
そして、95年の時が流れ、イラン・イラク戦争のさなか、奇跡が起きるのです

日本大使館はトルコへ、日本人用救援機を要請、トルコ首相はそれを快諾します

テヘランの空港には、500人近くのトルコ人が残っていたにもかかわらず、残された日本人215人に、彼らは優先的に席を譲るのです


国籍を超えた人の絆が、「人が人を想う、その真心が国を動かす」、添えられた言葉で映像は、感動的な物語となります


スタッフには、素晴らしいメンバーが揃っています

企画・監督
『利休にたずねよ』で、モントリオール世界映画祭ワールドコンペ部門で、最優秀芸術貢献賞を受賞した、田中光敏(たなかみつとし)

脚本
NHK大河ドラマ『天地人』で、エランドール賞を受賞した、小松江里子(こまつえりこ)

音楽
『陽はまた昇る』、『阿修羅のごとく』他で、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞した、大島ミチル(おおしまみちる)

撮影
『将校たちの部屋』、『エディット・ピアフ~愛の讃歌』で、セザール賞撮影賞を受賞した、永田鉄男(ながたてつお)

特撮監督
『男たちの大和/YAMATO』、『聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-』などを手掛け、98年日本アカデミー賞特撮映像技術賞、04年アジア太平洋映画祭視覚効果賞を受賞した、佛田 洋(ぶつだひろし)

VFXスーパーバイザー
『ゴジラFINAL WARS』、『男たちの大和/YAMATO』、『はやぶさ 遥かなる帰還』の、野口光一

野口光一の、驚きのVFX メイキング映像の世界は、こちら ↓



題字
NHK大河ドラマ『龍馬伝』などで、数々の賞を受賞した、紫舟(ししゅう)

これです ↓
海難1890_題字


キモノデザイナー
祖父・父と受け継がれた、近代染色作家の基礎を築いてきた家系に生まれ、「和を楽しむライフスタイル」を提唱した、斉藤上太郎(さいとうじょうたろう)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

作品すべての中に、名シーンが数多く登場しますが、今回はエルトゥールル号乗組員の救助シーンが、圧巻でしょうね

1890年9月、親善使節団としての使命を終えたエルトゥールル号は、和歌山県樫野崎沖で台風に遭遇、操舵能力を失って座礁、水蒸気爆発を起こす

爆発音を聞いた村人たちが、岸壁で見たものは、漂着した船の残骸と、膨大な死体であった

漁師の信太朗(大東駿介)は、救助のため、先頭を切って、荒れ狂う海に飛び込んだ

村民たちは一丸となって、救助活動を行い、乏しい食料も、怪我人に提供する


* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪劇中の名言
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

このシーンで、
田村医師とムスタファ
田村医師が、ムスタファに言った言葉が、とても印象的でした

「俺が守りたいのは、この村の真心だ」

人心が、殺伐と都会的になっていく昨今、田舎の人々の真心は、後世に残したい、日本人の美しさではないでしょうか


史実を、できるだけ忠実に表現した脚本と演出、、永田鉄男の見事な映像美、主役内野聖陽・忽那汐里の好演、野口光一の迫力のVFX、大島ミチルの素敵な音楽は、ぜひ、映画館の大画面とサウンドトラックで、堪能してください

【作品情報】
2015年/日本・トルコ友好125周年記念合作映画
上映時間:132分

原作:
企画・監督:田中光敏
脚本:小松江里子
音楽:大島ミチル
撮影:永田鉄男
特撮監督:佛田洋
VFXスーパーバイザー:野口光一
題字:紫舟
キモノデザイナー:斎藤上太郎

忽那汐里とケナン・エジェが、エルトゥールル号編とテヘラン救出編の両方に、二役として出演しています

出演 :
俳優役名キャラクター
内野聖陽
SEIYOU UCHINO
田村元貞エルトゥールル号編・医師
ケナン・エジェ
KENAN ECE
ムスタファ
ムラト
エルトゥールル号編・海軍機関大尉
テヘラン救出編・トルコ大使館員
忽那汐里
SHIOLI KUTSUNA
ハル
春海
エルトゥールル号編・田村の看護助手
テヘラン救出編・日本語学校教師
アリジャン・
ユジェイソイ
ベキールエルトゥールル号編・操機長
夏川結衣お雪エルトゥールル号編・遊女
永島敏行野村テヘラン救出編・日本大使
小澤征悦藤本源太郎エルトゥールル号編・海軍士官
宅間孝行木村 テヘラン救出編・テヘラン開発技術者
大東駿介信太朗 エルトゥールル号編・漁師
渡部豪太直一エルトゥールル号編・漁師
徳井 優平次エルトゥールル号編・紀伊大島の村人
小林綾子トメ平次の妻
螢 雪次郎竹下テヘラン救出編・日本人学校の校長
かたせ梨乃サトエルトゥールル号編・遊郭の女将


 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
アロアロヨシさんの♪原作先・映画先
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

原作を読むのが先か、映画を見るのが先か、いつも悩むところですが、今回は、先に原作を読んでいくほうが、楽しめます

原作を読んで、時代背景、登場人物などをしっかりと頭に入れておくと、迫力の大画面・サウンドトラックに、集中できるからです

『海難1890』を、
>>> ★ 楽天市場で探す ★

>>> ★ アマゾンで探す ★

>>> ★ Yahoo!ショッピングで探す ★


脚注:

[1] 『海難1890』の公式サイトは、こちらから → 「海難1890公式サイト」



古都鎌倉、四季折々の移ろいの中、家族の絆を深めていく、心温まる四姉妹の物語、『海街diary』

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の8番目は、
『海街diary (うみまちだいありー)』です

***************************************************

見てきました『海街diary』 [1]
いやーあ、良かったですね、心地良い風を感じる、とても素敵な映画でした

海街diary


アロアロヨシさんが最初に『海街diary』に出会ったのは、マンガでした

床屋の待ち時間、本棚の中に、ふと、このタイトルを見つけ、何て読むんだろう、「かいがいだいありー」とか・・・

そこで手に取ったのが始まりでした

マンガ「海街diary」は、裸の男と女が、朝、ベッドで眠っているところから、始まります
「えっ、何っ、このマンガっ!」ってな感じで、読み始めました

ありふれた日常、そして、誰もが、かかえる、ややこしい絆 (きずな) 、大人たちの勝手な都合で振り回された、四姉妹を中心に、さわやかに描いていきます

久しぶりに、引き込まれて、床屋の待ち時間では、読み切れなくて、本屋で買って帰って、読みました [2]

なんと、第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞マンガ大賞2013を受賞した作品でした


そんなマンガ、「海街diary」が映画になって、やって来たではありませんか!
これはもう、見るっきゃないでしょう

マンガを忠実に再現した面白さに加えて、映像の美しさと、素晴らしい音楽で、とても素敵な映画に、仕上がっていました

そういえば、舞台は鎌倉だったのですね、と、あらためて思いました [3]
そう、マンガでは、ピンとこなかったのです


監督・脚本は、『そして父になる』の、是枝祐和(これえだひろかず)

撮影監督は、同じく『そして父になる』の、瀧本幹也(たきもとみきや)

是枝祐和と瀧本幹也の名コンビが、第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品作品を、生み出しました

さらに、音楽は、NHK朝ドラ『ごちそうさん』の、菅野よう子(かんのようこ)

いつまでも耳に残る、素晴らしい音楽が、物語を盛り上げてくれました

オリジナル・サウンドトラックは、
アマゾンで、購入できます
海街diary オリジナルサウンドトラック

楽天が良い人は、こちらからどうぞ
海街diary オリジナルサウンドトラック

主演は、四姉妹なのですが、その中でも一人上げるとすれば、広瀬すずでしょうね [4]
広瀬すず



『海街diary』、原題も同じ、「海街diary 」

父に捨てられた三姉妹と、腹違いの四女が、古都鎌倉の四季折々の美しさの中で、本当の家族になるまでの、1年間の物語です

映像の美しさと、物語の面白さは、本編でご覧ください


アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン

作品すべての中に、名シーンが数多く登場しますが、今回は桜のトンネルシーンに、ご注目下さい

すずと風太が、桜のトンネルを、二人乗りの自転車で駆け抜ける時、すずの髪に桜の花びらがとまります

これは、CGではなく、偶然の産物だと、是枝祐和監督が、吉田秋生との対談の中で明かしています

そして、その時、顔を上げたすずが、とても良い表情をしているのです


アロアロヨシさんの♪お見逃しなく

すずと三姉妹が、本当の家族になっていく過程を、その時その時の、すずの表情の変化で、見事にとらえています

父親の葬儀で出会ったときの顔、鎌倉にやってきて、だんだんと打ち解けて、明るい表情になって行く、見事なグラデーション

有望新人俳優・広瀬すずの名演と、監督・是枝祐和と撮影・瀧本幹也の名コンビが生み出した、見どころと言えるでしょう

お見逃しなく、お気をつけて!


アロアロヨシさんの♪サプライズ

映画のシーンの中には、いつも、監督、脚本家やカメラマンのサプライズが、用意されています

ヒッチコックなどは、サプライズがテーマの映画を作って、楽しませてくれました

さりげなくサプライズを設定する監督や、たいへん凝ったサプライズを盛り込む脚本家、映像の中にサプライズを取り込むカメラマンなど、いろいろなサプライズがあって、それを見つけるのも映画の楽しみの一つです

今回も、是枝祐和監督が、やってくれました

夏の暑い日、お風呂から出てきたすずが、やってくれたサプライズ・・・

言いたいけど、言いたいけど・・・、ダメ、ダメ、本編でご覧ください


原作の面白さを、忠実に表現した脚本と演出、マンガでは表現できない、古都鎌倉の見事な映像美、綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すず・美人姉妹の好演、菅野よう子の素敵な音楽は、ぜひ、映画館の大画面とサウンドトラックで、堪能してください

【作品情報】
2015年/日本

原作:吉田秋生「海街diary」(フラワーコミック)
監督:是枝祐和
脚本:是枝祐和
音楽:菅野よう子
撮影:瀧本幹也

出演 :
俳優役名キャラクター
綾瀬はるか香田 幸長女として家族を支える、看護師
長澤まさみ香田佳乃次女恋と酒を愛し 地元の信用金庫に勤務
夏帆香田千佳三女四姉妹のムードメーカー
広瀬すず浅野すず四女しっかりものでサッカーの得意な中学生
大竹しのぶ佐々木都三姉妹の母
樹木希林菊池史代大叔母、相変わらず良い味を出してます
中村優子浅野陽子すずの義母
堤真一椎名和也 幸が働く病院の小児科医
キムラ緑子高野日出子 幸の病院の師長
坂口健太郎藤井朋章佳乃の恋人
加瀬亮坂下美海佳乃の信用金庫の係長
池田貴史浜田三蔵スポーツマックス店長、千佳の恋人?
鈴木亮平井上泰之サッカーチームの監督
前田旺志郎尾崎風太すずの同級生


 

アロアロヨシさんの♪チョットおまけ

この映画は、ほのぼのとした日常のシーンが、とてもうまく描かれているのです
たとえば、障子を貼るシーン、海辺を4人で歩くシーン

その中で特に、食べるシーンがとても多く、またそれが、四姉妹がうまそうに、可愛く食べるのですよ

いろいろなレシピが出てきますが、その中でも、アロアロヨシさんが感動したのが、ちくわカレーでした

千佳役の夏帆が、とてもうまそうに、ちくわカレーを食べるのです

アロアロヨシさんの田舎には、「ヤマサのちくわ」という有名な、とてもおいしいちくわがあります
子供のころ、おふくろが、よく、ちくわカレーを作ってくれました

ちくわカレー

特別、なんでもない、肉の代わりに、ちくわの輪切りを入れてあるだけだったのですが、とても好きでした

『海街diary』のちくわカレーは、
1. おばあちゃんのちくわカレー
2. 千佳ちゃんのちくわカレー
3. 超簡単ちくわカレー
の、3種類があるのです

詳しいレシピは、こちらからどうぞ → 「すずちゃんの海街レシピ」
アマゾンか、楽天


吉田秋生が、この映画を見て、コメントを入れています

「是枝『海街diary』を拝見しました。
幸福な時間でした。
そしてなんかちょっぴり、くやしかった。(笑)」


アロアロヨシさんの♪原作先・映画先

原作を読むのが先か、映画を見るのが先か、いつも悩むところですが、今回は、どちらが先でも、楽しめます

そして必ず、マンガも映画も見てほしいのです
マンガはマンガのギャグの面白さ、映画は映像の素晴らしさ、それぞれの良さの、相乗効果で、あなたの中に、とっても素晴らしい世界が、広がりますよ

アロアロヨシさんの♪DVD買う買わないドッチ

DVDを買って、何度も見たい映画って、ありますよね

アロアロヨシさんも、昔のビデオテープの時代から、DVDまで、何度も見たい映画を、たくさん持っていて、時々、引っ張り出してきて、楽しんでいます

『海街diary』は、ぜひ、DVDを買って、何度もこの、ほのぼのとした空気に浸りたいものです

>>> 『海街diary』のDVDを、楽天で探す
>>> 『海街diary』のDVDを、アマゾンで探す
>>> 『海街diary』のDVDを、Yohoo!ショッピングで探す


脚注:
[1] 『海街diary』の公式サイトはこちらから → 「海街diary公式サイト」

[2] 海街diary コミック 1-6巻セット (フラワーコミックス)

[3] 「すずちゃんの鎌倉さんぽ」は、こちらから → すずちゃんの鎌倉さんぽ―海街diary (フラワーコミックススペシャル)

[4] 『海街diary』 メイキング映像 [広瀬すず Ver.]


映画化不可能と浅田次郎が語った、『王妃の館』、見事に映像化

アロアロヨシさんの♪映画ブログ、「封切り映画編」の7番目は、
『王妃の館』です

***************************************************

見てきました『王妃の館』 [1]
いやーあ、面白かったですねえ

「人生は小説よりも喜劇なり」 [2]

浅田次郎自身が、「映画化は不可能」と語っていたが、脚本家・谷口純一郎・国井桂、監督・橋本一の手によって、奇跡の映画化が、実現しました

王妃の館


監督は、『相棒シリーズ』の、橋本一

脚本は、『少女たちの羅針盤』の谷口純一郎、『虹色ほたる~永遠の夏休み~』の国井桂

音楽は、第30回・第35回日本レコード大賞編曲賞を受賞した、佐藤準

撮影は、日本人スタッフと、現地のフランス人スタッフが、22日間に渡り、共同で行い、歴史豊かな、気品に満ちた、美しいパリ・ルーブル美術館・ヴェルサイユ宮殿を背景に、華麗な映像に仕上げています

主演は、『熱中時代』の教師役でブレイク、現在、同じ右京の名前で出演の「相棒シリーズ」が人気の、水谷豊

水谷豊


『王妃の館』、原題も同じ、「王妃の館 [3] 」

17世紀フランス・パリ、太陽王ルイ14世によって建てられ、300年の伝統を守る、「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ」(王妃の館)

水谷豊扮する天才小説家と、10人のツアー客、「王妃の館」従業員も参加の、ありえへん、ドラマを展開します


アロアロヨシさんの♪おすすめ名シーン

作品すべての中に、名シーンが数多く登場するが、たった1つ上げるとすればここでしょう

300年の歴史ある、シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ従業員が、ありえへん、ダブルブッキングツアー詐欺に加担

ツアー客が出かけた直後、部屋の入れ替えを、大急ぎで行うところは、小説では表現できない、面白さです

やはり、パリはエスプリの街
よくまあ、「シャトー・ドゥ・ラ・レーヌの名前に傷がつく」、などと言わず、許可したものですね


アロアロヨシさんの♪お見逃しなく

何といっても、パリ、ルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿の、フランス人スタッフの協力による、ロケの素晴らしさを、劇場の大画面で、堪能してください

登場人物の、コメディの面白さに気を奪われて、ついつい、見逃してしまいます

お気をつけて!


原作の面白さを巧みに引き出した、脚本と演出、見事な映像美、水谷豊の好演、ラストの素敵な音楽は、ぜひ、映画館の大画面とサウンドトラックで、堪能してください

【作品情報】
2015年/日本

原作:浅田次郎「王妃の館 上・下」(集英社文庫)
監督:橋本一
脚本:谷口純一郎、国井 桂
音楽:佐藤 準
撮影:日本人スタッフと現地フランス人スタッフの共同作業
エンディング曲:小野リサ「PLAISIR D'AMOUR(プレジール ダムール)」(愛の喜び)

出演 :
俳優役名キャラクター
水谷 豊北白川右京205号室 スランプの天才小説家
田中麗奈朝霧玲子屋根裏部屋 倒産寸前の旅行会社社長
吹石一恵桜井 香202号室 傷心の美人OL
I尾上寛之戸川光男屋根裏部屋 旅行会社添乗員
青木崇高近藤 誠201号室 カタブツ&熱血警察官
中村倫也クレヨン201号室 ショーパブの女装スター
安達祐実ミチル201号室 クラブのホステス
山中崇史香取良夫 205号室 ベテラン文芸編集者
野口かおる早見リツ子 205号室 文芸編集者
緒方直人金沢貫一201号室 成金実業家
石橋蓮司丹野二八202号室 元詐欺師
安田成美ディアナルイ14世の寵姫
山田瑛瑠プティ・ルイディアナの息子
石丸乾二ルイ14世フランスの太陽王


 
原作には登場するが、映画には出てこない夫妻が2組いる

岩波夫妻:
元夜間高校の教諭とその妻
夫はかつてゼロ戦乗りだったという過去を持つ

下田夫妻:
工場経営が破綻し、数億の借金を抱える中年夫婦
心中目的で有り金はたいてパリへ

これらの人が入ってくると、もっと話がふくらんで、面白くなるのですが、上映時間の制限で、残念ながら、脚本で割愛されました


アロアロヨシさんの♪チョットおまけ

最後の最後に、館内の明かりが点くまで、帰らないでね

理由
エンディングに、小野リサが、フランス語で、「PLAISIR D'AMOUR(プレジール ダムール)」(愛の喜び)を、歌い上げます

ボサノバの第一人者、小野リサが、『王妃の館』のために、自ら選んだ曲です

小野リサは、この曲をなぜ選んだか、語ります・・・

「登場人物達の人生の光と影、起死回生のネガツアー&ポジツアーの光と影、シャトー・ドゥ・ラ・レーヌ(王妃の館)の光と影、さまざまな光と影を、シリアスにもコミカルにも、描き出している作品に、とても引き込まれました

PLAISIR D'AMOURの歌詞に、
"愛の喜び それは一瞬の輝き
愛の苦しみ それは一生の痛み"
と、あります

愛にも、光と影があり、このような曲で、映画の締めくくりができたなら、ご覧になったお客様が、いろいろな光と影を、前向きに受け入れられるのではないかと思いました」

光と影、マクロビオティックの陰陽理論に通じます
光が陽、影が陰、浅田次郎が独特のペン運びで、見事に具現しています

水谷豊も、コメントを入れています

「映画『王妃の館』のテーマソングを、小野リサさんが歌ってくれる
しかもフランス語で
『王妃の館』チームにとって、何と贅沢で素晴らしい事が、起きたのでしょう

個人的にも、興奮覚めやらず、幸せ気分に浸っています」

メロディラインが、どっかで聞いたような感じがあるとお思いになる方、エルヴィス プレスリーの、「好きにならずにいられない」のモチーフとしても使われています

流れるようなストリングスのあと、エキゾチックなコーラス、小野リサが、ゆっくりと、語り掛けるように、歌い始めます

オリジナル・サウンドトラックは、
アマゾンで、購入できます
映画「王妃の館」オリジナル・サウンドトラック
楽天が良い人は、こちらからどうぞ
映画「王妃の館」オリジナルサウンドトラック


アロアロヨシさんの♪原作先・映画先

原作を読むのが先か、映画を見るのが先か、いつも悩むところですが、今回は、絶対に、原作を先に読むのを、おすすめします

実は、今回、友人と二人で出かけたのです
アロアロヨシさんは、原作を既に読んでおり、どんな風に映画化されるのか楽しみでしたが、友人は、読んでなく、全く知識無しに見たのです

結果、友人のコメントは、「面白かったけど、意味がよく分からなかった」とのことでした

アロアロヨシさんは、一つ一つの意味が、小説の浅田次郎の筆により、完全に理解されており、監督の演出と俳優の演技、映像と音楽を堪能した次第です

今回は、浅田次郎の小説「王妃の館」を読んで、映画を見て、音楽を聴いて、初めて、最高のエンタテインメントとして完結するものです

ということは、たいへん言いにくいのですが、映画で全てを表現できていないということになります
たいへん良くできた映画なのに、ちょっぴり、残念ですね


脚注:
[1] 映画「王妃の館」公式サイトはこちらから

[2] イギリスの詩人バイロンの『ドン・ジュアン』にある、「事実は小説よりも奇なり」英語"Fact is stranger than fiction"仏語"La réalité dépasse la fiction"のもじり

[3] 「王妃の館」浅田次郎 - 集英社文庫
王妃の館_上王妃の館_下
こちらから購入できます
アマゾンで → 
王妃の館〈上〉 [ 浅田次郎 ] (集英社文庫)
王妃の館〈下〉 [ 浅田次郎 ] (集英社文庫)
楽天で → 
王妃の館(上) [ 浅田次郎 ] (集英社文庫)
王妃の館(下) [ 浅田次郎 ] (集英社文庫)


tag : 光と影

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ